アバッカ・アンジャイン・マディソンさんの発言

マーシャル諸島共和国上院議員
第46回日本母親大会・分科会
国際シンポジウム
「核兵器も外国基地もない21世紀へ―女性はアジア・太平洋から平和を発信する」


マーシャルでは「女性亜空を全部支える」と言われています。さらに「女性が温かみをもつ存在」である、「女性が平和を持ってくる(平和の象徴である)」、「すべての人は母親からすべてを学ぶ」、「女性が実家から婚家に幸せを運ぶ」、そして「すべての成功を女性が支えている」と考えられています。

私は昨年11月の選挙で、これら5つのことを訴えて、33人の国会議員のうち唯一の女性になりました。これは大変に素晴らしいことでありますし、また同時にマーシャルの代表として、母親の代表としてこの母親大会に参加できますことを大変うれしく思います。

核実験のために失ったもの

ロンゲラップ島とアイリング島は、ビキニ島の核実験場からいちばん近い、人々が住む島です。アメリカは1946年から57年の間、100回近くの核実験をマーシャルで行ってきました。しかしその中で、私たちの生活をまったく根本から変えてしまったのは、「ブラボー」と呼ばれる核爆弾でした。核実感の爆心地となったマーシャル諸島の人々、そしてマーシャルのすべての人々は放射能にさらされました。被ばくしたマーシャルの人々のうち、もっともひどい被害を受けたのがロンゲラップ環礁の人々です。また第5福竜丸の船員たちも同じような被害を受けました。1954年3月1日を、私たちは「2つの太陽が見えた日」として思い出しています。

実験の後、空気、風、そして海も放射能でいっぱいになり、さらにロンゲラップへと流れていきました。ロンゲラップの島民はその結果、放射能を含む”死の灰”を体に受けました。その灰が、髪や肌に塗っていたココナツオイルにつき、人々のやけどを一層ひどくしました、子どもたちは、白い”死の灰”をかぶったものを食べ、放射能に汚染された水を2日以上も飲み続けていました。

ロンゲラップの汚染はかなりひどくて、現在でも人が住むことはできません。ロンゲラップの人々に「自分たちの島に戻るな」と言うことがどういうことかおわかりになるでしょうか。それはつまり、自分たちの生まれ育った環境やその自然から切り離されることであり、文化、そしてマーシャル人であるというアイデンティティーがなくなってしまうということです。今も島民のすべての世代が、その故郷の島とは違う場所で生まれ育っています。ロンゲラップの自然の中で生きていくという生活の方法を、その知識を失ってしまいました。

米軍基地の問題は日本と同じ

沖縄の人々と同じように、マーシャル諸島の人々もアメリカ軍基地の問題に直面しています、軍事基地のあるすべての場所の人々にとって、害はあってもよいことなど何一つありません。母親は特に子ども、娘のことが心配になります。多くの若者は基地からのドラッグやアルコール、そして性的暴力の危険にさらされています。基地内での少女への性的暴力は増加傾向にあります。

このように自分たちの友だち、家族、そしてまわりの人々にふりかかってくる不幸を許すことはできないと思います。日本の女性とマーシャルの女性は、いろいろ同じような経験をし、同じような問題に直面しています。私はみなさんと本当に近い関係にあり、同じ被害を受けていると感じます。

今年の3月、この日本で、ビキニでの核実験にかかわる、水爆と原爆の被害者の集会があり、私は自分の夢を発表しました。その夢についてお話しします。

私は今年、25年ぶりにロンゲラップに行きました。この美しい島に戻ることができてうれしかったのですが、同時に大変悲しくなりました。美しい海岸があるのにそれを楽しむ人が誰もいません。子どもたちの遊ぶ姿も、動物を追いかけて走る姿もありません。風景はなにも変わっていないのに、だれもいないのです。

そのとき私は、ひとつの夢を描きました。それは、博物館を造ることです。ロンゲラップに犠牲者たちの痛み、苦しみを形にとどめ、そこで何が起こったかを人々に見せると同時に、交流の場となることが大切です。2004年、ビキニに水爆が落とされてから50年を記念する年に、ぜひつくりたいと思います。

みなさんひとりひとりは、私の体に比べれば小さいですけれども、たいへん素晴らしい方たちであることがわかりました。いっしょに行動を起こしましょう。21世紀を行動の世紀にしましょう。

コラソン・ファブロスさんの発言

非核フィリピン連合事務局長第46回日本母親大会・分科会
国際シンポジウム
「核兵器も外国基地もない21世紀へ―女性はアジア・太平洋から平和を発信する」


非核フィリピン連合を代表して、核兵器と基地のないフィリピンからの熱烈な平和と連帯のあいさつを送ります。日本全国から女性活動家が集うこの価値ある会議にご招待いただいたことに感謝します。

私は、今年、また日本に来ることができて、大変嬉しく、感謝しています。昨年は、私にとって危険な1年でした。この1年を生き抜き、新たな決意と力をもてたことにたいし、私の回復を祈る励ましのお手紙や花束を送ってくださった方々に感謝します。みなさんの連帯にお礼をいいます。

私にとって日本に来ることは、感動的で、勉強にもなります。歴史的な経験や、現代の現実を学ぶ場所として、日本は最も適した国です。今日日本は、アジア・太平洋地域において、超大国としての力を与える、冷戦時代の同盟関係や軍隊や基地を、なりふりかまわず維持し、再生し、拡大しようとしているアメリカの第1の同盟国です。
若い世代が、より安全で、すばらしい明日の希望と保証を得られるのは、この会議のような、核兵器のない平和な世界をめざしてたたかう平和勢力や人々の集まりです。

少しフィリピンについて、お話させて下さい。自決と独立をめざす私たちのたたかいに特徴的なのは、植民主義者(スペインであれ、日本であれ、アメリカであれ)が、武器によって私たちの土地を占領し、私たち民族を服従させたという事実です。女性と子どものレイプも行われました。軍隊と暴力の使用は、数世紀の歴史のなかでも、現代でも、共通しています。

アジアで最初に新生国家として民族自決と独立を宣言し、ヨーロッパの植民主義の支配のくびきを断ち切ったことをフィリピン国民は誇りに思っています。昨年、1999年は、アジア問題にたいするアメリカの介入の100周年でした。この介入は、1899年2月4日、アメリカ軍がフィリピン国土を踏みにじり、300年に及ぶスペインによる植民化から、私たちの先駆者が勝ち取った自由と主権を破壊し、領土獲得戦争を行い、アジアに市場と軍事的足がかりを獲得するためフィリピンを植民化したのです。

1899年のアメリカによるフィリピン占領は、人口の20%に相当する大半が民間人のフィリピン人65万人を殺しました。歴史家は、このフィリピン・アメリカ戦争の時代を、「アメリカのアジアで最初のベトナム」と呼んでいます。

核兵器と基地のないフィリピンをめざすたたかいは続く

1991年、フィリピンは、歴史的なフィリピン・アメリカ基地協定を破棄することで、フィリピンにおけるアメリカの軍事プレゼンスに終止符を打ちました。この協定破棄は、長年にわたる断固とした反核、反基地のたゆみないたたかいの成果です。1992年には、アメリカの基地要員がフィリピンから撤退しました。人生の大部分をこのたたかいにささげてきた私たちの多くにとって、ようやく夢がかなったのです。

私自身も、それは私の子どもや孫のための夢でしたが、生きているうちにその夢がかなうとは思っていませんでした。生きているうちに夢が実現したことに感謝すると同時に、たたかいのなかで拷問されたり、殺されたり、拘留されて自由を奪われた多くの友人や同志、レイプや虐待を受けた女性や子ども、両親をなくした子ども、息子や娘を殺された母親たちのことを思い、悲しくなりました。

フィリピンにおける基地の転換の教訓

フィリピンにおける基地転換計画、あるいはそれらしい計画は、外国軍事基地・施設をなくしたい国にとって、豊かな教訓を提供しています。もと基地であった土地を、被害を受けた人々の生産的で人間的な社会に変える計画です。

残念ながら、この計画は、その実施のためのいかなる援助も受けませんでした。計画実施、とくに「人材開発」に資金を割り当てる代わりに、地方および中央政府と企業は、基地の土地を外国の多国籍企業に提供し、地方政府の奨励措置を利用して資本を誘致したのです。

現在、この転換計画によって、基地の土地は、日本、韓国、台湾の企業グループが支配する、産業複合施設になってしまっています。ある女性は、「以前は白人か黒人のアメリカ人だったけれど、今では国連のようにいろいろな色の子どもができるようになった」と言いました。ちょうどピナツボ火山の火山灰が通りや、最入植地にも残っているように、買収、人身売買、その他の性的搾取が続いています。エイズなどの性感染症が広がり、多くの女性や子どもにたいする様々な形の暴力は、日常的におきています。

反基地闘争から学んだ重要な教訓のひとつは、国土から基地を追い出すだけでは十分ではないということです。私は基地転換計画に国民が参画できるよう注意することが私たちの基本的な責任であり、これらの計画が国民、とくに基地があったあいだ
搾取の犠牲となった女性のニーズや願いに合ったものにすることは社会運動の責任です。

たたかいを続け、主張し、地方間で協力することは、アメリカ基地を国土から決定的に撤去させる重要なステップです。しかし、それより重要なのは、女性の体が尊重され、商店や、クラブやリゾートに依存しない地域の活動がある世界を作ることです。

1999年のフィリピン・アメリカ訪問軍隊協定

独立記念の年に、フィリピン議会がアメリカとの訪問軍隊協定を批准したことにより、フィリピン領土に米軍が戻り、軍事演習が再び行われるようになったことは不幸なことです。これは、基地があったときにフィリピンが、アジア・太平洋、中東、その他世界中でのアメリカの介入と侵略のために果たしていた役割が復活することにつながります。

訪問軍隊協定とそのやっかいな条項は、フィリピンの領土保全、環境、尊厳を完全に無視しています。この協定は」、米軍を再びフィリピンに導入するものです。アメリカは、軍事的アクセスポイントとして貿易港22箇所を検討しており、これは、かつてない大規模なアメリカの軍事プレゼンスにフィリピン全土を開放するものです。

さらに恐ろしいのは、この協定は米軍が、フィリピンの港に寄港する艦船に核兵器を積んでいるか、いないかを証明することを求めていないことです。これによって、フィリピンへの核兵器の持ち込みが、可能になり、核爆発のおこる危険性があります。さらに、アメリカの敵からの攻撃を受ける可能性も生じます。

協定が認めている米軍の「活動」は、わが国の国と個人の安全に、重大な関係があります。アメリカの国家安全保障局は、世界規模の監視システムを開発しました。エシェロンとよばれるこのシステムは、強力な電子ネットで、電話、ファックス、電子メール、モデム・シグナルなどをすべて傍受することができます。

議会は「政治的コントロール技術の評価」と題する1998年の報告書で、重大な問題を挙げ、米軍基地のある国での軍事通信施設を使用したアメリカ国家安全保障局の活動にかんする集中調査を勧告しています。国家安全保障局のエシェロン・システムは、アメリカの同盟国までも含む、世界の民間標的や政府にたいする、恐るべきシステムです。

この訪問軍隊協定によって、アメリカは、アメリカの基地と施設の撤退によって、中断していたエシェロン・システムをフィリピンに完全に復活させる計画です。エシェロンは政府の通信を含め、民需用の通信を対象とした電子傍受・処理の機能を果たしています。

有毒・危険物質による汚染と汚染除去の問題

私たちは、かつて基地で行われていた米軍の演習や艦船の寄港の再開によって、環境破壊がおこることを懸念しています。フィリピンにおける100年近くもの軍事プレゼンスの後、米軍は、撤退した後に、有害・危険物質に汚染された土地を残しました。もと基地であった土地が汚染されているという証拠が沢山あります。もしこれが米国内であれば、包括的な調査と汚染除去が行われるのは確実だと、専門家は言っています。

撤退の8年後、米国政府は汚染除去にも調査にも一切の資金提供を行わず、その責任を傲慢に否定し続けています。火山噴火の被害を受けた約2万世帯が、もとアメリカの空軍基地の駐車場であった場所に、避難させられました。これらの世帯には現在、様々な病気が発生しています。カブコムで生まれた子どもの多くには、奇形があります。彼らは歩くことも、話すことも、立ち上がることすらできません。かなりの数の子どもが白血病に罹ったり、それで死んだりしています。大人も様々なガンや、重大な病気に罹っています。

アメリカの安全保障と国防政策

アメリカ国防省の4ヵ年防衛再検討の1997年報告によれば、アジア地域に展開した10万人の米軍が実施したアメリカの国防および安全保障政策は、現在、「通商シーレーンの保護」と「主要市場、エネルギー供給、戦略的資源へのアクセスの保障」として、経済のグローバル化と密接に結びついています。

ペンタゴン文書は、太平洋司令部の活動範囲を、「アメリカの安全保障にとって死活的に重要な通商ハイウェイ」と位置付けています。このなかで、南シナ海のスプラトリー(南沙諸島)に対してアジアの5カ国が領土所有権を主張していることは、この地域での紛争の発火点とみることができます。偶然にも、南沙諸島にたいする中国の攻撃的な所有権の主張が生じさせたとされるこの緊張こそが、訪問軍隊協定によるフィリピンでのアメリカの軍事プレゼンスを復活させたのです。

トーマス・E・リックスが最近のワシントン・ポストに書いた記事によれば、ペンタゴンは、アジアを将来、軍事紛争、あるいは少なくとも軍拡競争が起こる可能性が最も大きな地域と考えています。この明らかな方針は、小さいが重要な変化にあらわれています。太平洋に配備される攻撃用潜水艦数の増大、アジアを想定した戦争ゲームや戦略研究、アメリカの軍事プレゼンスを再構築することをめざした外交などがそれです。

「世界経済の重心は、アジアに移った。そしてアメリカの利益もそれについて移動した」と、政策担当国防次官補ジェームス・ボドナーは述べました。アメリカの2つの主要な長期的な軍事的、外交的な努力は、新たにアジアに向けられた注目を反映しています。その第1は、東北アジアにおけるアメリカの軍事プレゼンスの再交渉、2つめはベトナム戦争後25年、米軍がフィリピンから撤退してほぼ10年後、米軍の東南アジアへの再びの進出のための交渉です。

昨年、訪問軍隊協定を確立した後、アメリカとフィリピンは、「バリカタン2000」と「カラット演習」とよばれる2回の大規模な共同軍事演習を行いました。再び修復されたアメリカとフィリピンの軍事的な関係は、アジアの手本になるものだと、ある将軍は述べています。

現地人には立ち入り禁止のボーリング場や、キング・バーガーのある、リトル・アメリカ基地を建設するかわりに、米軍は、災害救援から全面戦争まであらゆる事態に共同で行動できるよう、アメリカ兵とフィリピン兵の合同演習を頻繁に実施することになるでしょう。

戦争ゲームと合同演習

訪問軍隊協定に関する大統領委員会が繰り返し否定したにもかかわらず、最近の6月14-27日の「カラット演習」は、現在続いているミンダナオでの紛争と関連したもので、アメリカによって訓練されたフィリピン軍の行動の真っ最中に行われている演習は、ミンダナオにおけるフィリピン軍を、兵站から、そして政治的、心理的に支援するものです。高給をとっている大統領の訪問軍隊協定委員会のスポークスマンが必死に否定しても、この事実は曲げることができません。

この演習は、軍隊の戦闘および殺戮効果をあげることを目的としているのであれば、それはモロ・イスラム解放軍とバングサ・モロ民族にたいする大規模な作戦を米軍が支援していることの何よりの証拠です。

フィリピンにおける演習に定期的に参加している米軍部隊は、陸軍のグリーン・ベレー部隊、レンジャー部隊、デルタ・フォース秘密部隊、特別ボート部隊、空軍特殊行動部隊、海軍のシールズ部隊などで、正式には「合同統合交換訓練」として世界的に統合され、アメリカの経済のグローバル化政策をバックアップする冷戦後のアメリカの介入対外政策の不可欠な部分です。合同演習で米軍を訓練するという名目のもとに、これらの特殊部隊は、外国で戦略的な情報の収集にあたっているのです。

アメリカ国防省は、相変わらず、受入国の実際の軍事行動には参加しないと主張していますが、演習中、米軍は現地の反乱鎮圧部隊を訓練し、秘密裏に情報の傍受、監視、収集を行い、ミンダナオでやっているような反乱防止任務を支援しているのです。
アメリカの軍事訓練や演習=戦争ごっこの第一の目的は、外国の軍に、アメリカの兵器、軍事機材をいかに使うか慣れさせるためです。合同演習は、アメリカの対外政策目標支援の雰囲気をつくり、人的な接触をつくり、米軍と外国の国防将校たちに影響を与える上で重要です。アメリカの軍事演習は、アメリカの軍事力を全世界に広げ、介入能力を最大限にする米国防省の策に不可欠のものです。

フィリピンの反基地運動は、ほとんど一世紀にわたる米軍の駐留のあいだに引き起こされた毒物汚染の結果、いまなお無数の問題を抱えているさなかに、米軍がフィリピンに復帰することに全力をあげて反対しています。いま、旧米軍基地用地(クラークとスービック)周辺の住民は、死亡、疾病、傷害など届けられたものだけでも何百件もの被害に悩まされています。この数はさらに増えつづけています。日をおってますます多くの人々が、フィリピン人民に対して犯したアメリカの重大犯罪の一つについて教訓を得ています。毒物汚染犠牲者の死と被害の現実は、アメリカを悩ませ続けるでしょうし、フィリピン人民に対するその犯罪は、高価な代償を支払うべきです。

つい最近、毒物汚染の犠牲者たちがアメリカ、フィリピン両国政府に対する集団訴訟をフィリピンの法廷で起こしました。これは、国際社会に訴えられるべき行動の前兆です。私立ちはこれが困難なたたかいとなることを知っています。しかし、もしアメリカの軍事支配の結果をさらけ出そうとするなら、これは我々が追求しなければならない行動です。これは、アメリカ帝国主義に対する共同のたたかいにたいする私たちの貢献です。

私たちは、みずからのキャンペーンに人間の顔を与える必要があります。たとえ死んでいなくても、病気や不具で生まれる何百人もの子どもを抱えた母親をこれいじょうつくりださないために。

私は、今日、あなた方とともにアジア・太平洋の姉妹のみなさんと連帯しています。世界の多くの場所で、今も、何年ものあいだ核実験とたたかいつづけている姉妹がいることを忘れないようにしましょう。

それはあなた方も私もこれまで聞いたこともないところかもしれません。しかし、そこでは、人々はいまにいたるまで抑圧、人権蹂躙、死に直面しつづけているのです。私は、今日、あなた方の愛する国土にたいするアメリカの軍事占領に反対するあなた方のたたかいと連帯しています。この大会から、核も基地もないアジア・太平洋のためのたたかいを担う強力な運動を生み出ししょう。正義と平和と主権を私たちの国に実現しましょう!フィリピンから、「マブハイ」と「マキバカ」の熱烈なあいさつをおくります。

馮淬(ふうすい)さんの発言

中華全国婦女連合会書記
第46回日本母親大会・分科会
国際シンポジウム
「核兵器も外国基地もない21世紀へ―女性はアジア・太平洋から平和を発信する」


21世紀を目の前にした今20世紀を振り返ったとき、私たちは何を見るでしょうか。それは世界が経験した空前の破壊的な戦争と、世界平和の確立と維持をめざしたえまないとりくみをしているすべての国の人々の姿があります。50年前の悪夢のような戦争では、残忍なナイフと銃と爆弾によりあまりにも多くの罪のない人々が殺されました。中国だけで、数千万の命が奪われ、生き残った人々はいまだに戦争の傷あとにさいなまれています。戦争はなんと悲劇的な教訓を私に与えたことでしょう。

その後、世界情勢は大きく変化してきました。多極化、経済のグローバル化、人と人、国と国との交流がすすみ、これにより平和、安定、発展、進歩をめざすとりくみが今日の大きな流れになっています。私たちは現代の人々は当時の人々以上に平和の大切さを自覚し、平和をもとめ戦争に反対する力をもっているといえます。しかし残念ながら武力紛争や地域戦争がたえまなく起こり、一部の国や地域でいまだに戦争に苦しむ人々がいます。この現代の世界には戦争の火種となるさまざまな要因が引き続き存在し、核兵器の研究や開発が続けられ、世界平和をおびやかしています。私たちはこうしたことすべてを深く憂慮します。ひとたび戦争になれば、もし核兵器が使われるならば、それがもたらす破壊はひとつの地域、地方にとどまらず全地球と人類におよぶでしょう。

私たちはみな平和でしあわせな生活と、発展がもたらす恩恵を完全に享受することをのぞんでいると、私は確信します。ですから、各国、そしてひとりひとりがみな平和を守る責任を負っているのです。経済発展を促進し、全体の進歩を達成し、すべてのものにとってすばらしい生活を保証することこそ、人類の目標であり、世界中の政府と国民に課せられた神聖な任務なのです。

世界は人間のからだと同じです。世界が直面する治療困難な病気を直すには、患者の治療と同じように根本原因とあらわれている症状の両方に対処しなければなりません。戦争のない平和な世界を実現するかぎは、大国も小国も、強い国も弱い国も、豊かな国も貧しい国もみな国際社会の平等な一員になることができる新しい、公正で道理ある国際秩序を確立することです。その日が早く実現することを期待しましょう。残念ながら、現在膨大な核兵器を保有している超大国はいまだに書く抑止政策と戦略に固執し、世界平和とすべての国による国際問題への平等な参加の保証にとって重大な脅威を与えています。これこそまさに、私たちが深く憂慮し強く反対するものです。

中国は平和を愛する国です。中国の国民は、世界中で順風が吹き適度に雨が降ること、すべての国が平和ですべての人がしあわせにくらすことを望んでいます。中国は外国の侵略と搾取によりはかりしれない苦しみを経験した歴史を持つ国でもあります。

中国の国民は、平和の大切さと価値を深く理解しています。みなさんも中国が保有している核兵器が非常に限定されており、自衛と国家の安全保障のためのものであることをご存知かと思います。ここで私が得に強調したいのは、核保有国の中で中国はいかなるとき、いかなる状況においても核兵器の先制使用はしないことを、核兵器を保有するようになったその日に宣言した唯一の国であること、そして中国は核をもたない国々や非核地帯にたいし核兵器の使用も威嚇もしないことを無条件に約束しているということです。

中国は核軍縮、核廃絶、そして核戦争の脅威を根絶するために力を尽くしています。核のない世界の実現は、すべての核保有国が核抑止政策を放棄しいかなるときにも核の先制使用はしないことを誓約すれば、可能です。

中国の女性は中国の自主的で平和な外交政策を支持し、世界の平和と安全保障をめざし世界中の女性たちとの交流と共同を積極的に発展させています。平和、安定、協力と発展こそ私たちの目標であり、世界の平和を愛するすべての人に共通の目標です。

私たちの地球は、すべての国の国民が幸せに、平和に仲よくくらしはたらくふるさとでなければなりません。20世紀の2つの世界大戦がもたらした悲劇的な教訓を、私たちはみな記憶にとどめておかねばなりません。私たちは平和を守り発展を促進することに、ともに責任を負っているのです。