アデル・クベインさんの発言

声を上げる軍人家族の会
第50回日本母親大会
被爆60年・核兵器廃絶 国際シンポジウム
- イラク派兵撤退、世界の平和運動と連帯し、核も基地もない地球を


私は、アデル・クベインです。私は熟練した庭師であり、母であり、学生です。26年間、人々の庭の手入れをして生計を立てています。私の顧客は友人です。一番好きな友人のひとりに、ミチコという小柄な日本人女性がいます。ミチコは第2次大戦中、広島の近くに住んでいました。原爆が落とされたあと、彼女の家族は食べるものがなく、生きるために放射能の死の灰を浴びた草を食べざるを得ませんでした。ミチコは以来ずっとガンとたたかっています。最初に甲状腺ガンを患い、甲状腺を摘出、そのあと喉頭ガン、今は肺がんにかかっています。私はもう何年も、彼女の生きるためのたたかいを見守ってきました。私たちふたりには、共通点がたくさんあります。庭への愛情、子どもたちへの愛情、そして戦争が永遠に終わってほしいという願いです。ミチコは私に、これほど長い年月が経っていても、いまだに昔の戦争映画を見ると涙が出ると、言います。

ミチコやほかの知人たちを通じて、私は多くの戦争がもたらした痛みを知っています。ミチコが経験した戦争、多くの無実の人々を殺し私の友人たちに深い傷を残したベトナム戦争、そしてイラクに送られ戦闘に参加させられた私の娘の痛み。このことに突き動かされて、私は、自分なりのささやかなやり方でものごとを変えるために、活動しているのです。

1998年に、私のひとり娘はオレゴン国家警備隊に入隊しました。警備隊の主要な任務は、州の住民に奉仕し、災害に備えることです。契約書には、戦争が起こったときに彼女の部隊が召集されることがあっても、娘が戦闘に参加することはないと書いてありました。私はそのことがとても気にかかりましたが、娘は大学を終えるのにお金が必要だし、州の人々を助ける仕事がしたいのだと言いました。

娘は地元の大学で海洋生物学の勉強を続け、私自身も大学に通うようになりました。2001年9月11日の後、私は娘や、中東や、私たちの国の兵士たちがどうなるのだろうと恐れました。ベトナム戦争がもたらしたことを思い出したのです。

アメリカ国民が再び戦争へと煽りたてられていく様子に、私は声をあげました。大学や一般の新聞に投稿しました。多くの人は私をあざ笑い、アメリカ人らしくないと言いました。娘が直接巻き込まれることを知るずっと前から、私はイラクやアメリカの何千万もの人々の生死にかかわる事態になると認識していたのです。

ニュース記事で「声をあげる軍人家族の会」のことを読み、私はただちにチャーリー・リチャードソンとナンシー・レシン夫妻に手紙を書きました。ふたりは同じく兵士を子どもに持つジェフェリー・マッケンジーさんとともに「声をあげる軍人家族の会」を立ち上げた人です。私は参加したいと申し出ました。

ナンシーとチャーリーの息子ジョーは海兵隊員で、ちょうど私が自分の娘が危険にさらされることを知った頃、ふたりもまた、息子が誰かほかの人の戦争でたたかうために戦場に送られることになることを知ったのでした。2002年10月、ナンシーとチャーリーは平和デモでジェフェリー・マッケンジーと出会い、3人は、軍人の家族たちが意見表明できる場としての組織をつくろうと決めました。3人は軍人の家族として、私たちには特別の発言権がある、イラクへの侵略を止める力になるかもしれない発言をする権利があることに気がついたのです。

家族たちをつなぐ場として、チャーリーとナンシーはホームページ(www.mfso.org)を立ち上げました。はじめての記者会見のあと数日のうちに、会員は200人近くになりました。

イラク侵略までの数ヶ月間、「軍人家族の会」の会員たちは上下両院の議員に面会し、ジョージ・ブッシュや地元の新聞に手紙を書き、ろうそくをともしての追悼集会に参加し、地方や全国的な集会で発言し、大学や教会やコミュニティー・センター、労働組合の会議室などで開かれる学習会に参加しました。2003年2月15日のニューヨークの集会では、舞台の上から訴えました。記者会見も開きました。議会による宣戦布告なしのイラク侵略を阻止するために、15人の親たちが、ジョージ・ブッシュとドナルド・ラムズフェルドを相手どり訴訟を起こしました。当時私たちがしたこと、そして今も続けていることの中でもっとも重要なことのひとつは、兵士を応援する最善の方法は彼らを無謀で不幸な軍事行動に送り込まないことだと、人々に知らせる活動です。アメリカでは、兵士を支援するためには戦争を支持しなければならないと言う人があまりにも多くいます。「軍人家族の会」は、それとは別の方法を示したのです。兵士を応援しよう、今すぐ帰国させようと。

「軍人家族の会」ができて1年8ヶ月になります。今では1500を超える家族が参加し、毎日会員が増えています。会員の約30人がイラクで愛する家族を失っています。多くの会員は、愛する家族が派遣の任期が延長されたり、イラクで負傷したりしています。愛するひとが帰国した家族にとっても、それが安全や心の平静を意味するものではありません。帰国兵士の多くが心的外傷後ストレス症候群に苦しんでいます。劣化ウランにさらされたからです。これらのことは兵士やイラクの人々を今後何十年にもわたって危険にさらすでしょう。

「軍人家族の会」はまっさきに、兵士が直面している危険やイラクの市民に起こっていることを明らかにしました。メディアや人々に、装備や水や食料が不足していること、兵士の自殺や士気の問題について話しました。

「軍人家族の会」は、完全なボランティア組織で、専従の職員はいません。交通費などの経費は、非営利団体からの寄付でまかなっています。「軍人家族の会」は、家族どうしを結び、メディアともつながる手だてを提供しているだけでなく、家族を愛するものたちを助けることができる他の団体にもつないでいます。

「軍人家族の会」の会員は、カナダ、日本、フランス、イギリス、イタリア、スペイン、トルコ、オーストラリアに呼ばれて話をしています。私たちはこれからも、戦争を終わらせ、兵士たちを帰国させ、この不法で不当な不道徳な戦争を許してしまった政策を終わらせるまで、アメリカ国内はもちろん、世界中で声をあげ続けます。

ナンシーとチャーリーからみなさんへメッセージがあります。「私たちは、日本の人々、日本の兵士の家族とイラクに派遣されている大切な人々に、思いを馳せています。私たちは日本政府が派兵を決定しなければよかったのにと、心から残念に思います。私たちは日本政府に訴えます。今すぐ兵士たちを帰国させよと。」

私個人にとって、「軍人家族の会」は、話を聞きたいと思っているジャーナリストたちと結びつけてくれ、ひとりの力ではとてもおよばないほど多くの人々に声を届ける助けになりました。自分はひとりではないと知ることが、力になっています。

私は兵士の母親たちでつくる「母の会」にも所属しています。「母の会」には「軍人家族の会」の会員もいて、私たちはみな、子どもたちをほかのすべての兵士とともに帰国させるために活動しています。地元紙のインタビューを受けたり、記事を書いたりするほかに、もっとも重要なこととして、地域の人々と話し、イラク戦争について自分の子どもを通じて学んだことを理解してもらう活動をしています。

私は兵士たちが直面していることを、直接知ることができます。娘は機会があるたびに手紙、電話、電子メールをくれました。娘は10ヶ月間イラクのモスルに駐留し、負傷して帰国しました。

娘の部隊はイラクで学校や住宅を建設するのであり、解放者として歓迎されるのだと言われました。それどころか娘は、イラク北部で民間業者の車両を守るために、防弾服もなく、はじめは弾薬すらないまま、50口径の機関砲をまかされたのです。最初の数日間、彼女の部隊は最小限の弾薬と、1日1回の食事だけ、飲料水はほとんどありませんでした。娘は、劣化ウランのチリや死体でいっぱいの車の残骸に覆われた道路を通りました。ウランの「赤いチリ」を吸わないように言われましたが、防護の装備は何もありませんでした。

娘が2003年の4月半ばにイラクのモスルから送ってきた手紙の一部を読み上げます。

「親愛なるおかあさん。私は以前からもっている怒りや挫折を感じるほかに、別のものを見つけました。私が生きる中で感じる喜びをどう説明したらいいかしら。ひどいときでさえ、自分のまわりに美しいものを見つけます。このことに全力でしがみついているの」「私は目の前の状況、ここで起こっていることを変えることはできないかもしれないけど、自分を自分でいさせてくれるものを守ることはできる。私は変わってしまう、帰るときには別人になっているでしょう。でも私はこの生きることの喜びを絶対に手放さない。汚いものの中に美しさを見つける力を絶対に手放さない。自分の中に波打つ確信をうまく説明できないけど、私は私のまま戻るとわかっています。今の状況に自分を失わせることしません。」

母親というのは、恐れるものです。子どもの安全を心配し、何よりも子どもが取り返しのつかないことしてしまうのではないか、人生を変えてしまうようなことをしてずっと苦しみ続けることになりはしないかと、心配します。

私は、すべての生きるものを愛し、すべての人に敬意をもつようにと娘を育てました。娘はイラクの人々を、自分と同じ人間として見ていました。娘は自分がイラクで見たこと、したことに耐えられず、打ちのめされてしまいました。

電話で私に、自分の弾丸にうたれて息を引き取っていく若者の目を見たと泣きながら話したとき、娘は自分が一時的に人間性を失ったことに気づいたのです。私はいっしょに泣きました。私はもはや、自分の国に奉仕するという決定がもたらす長きにわたる影響から娘が逃れるすべはないと知りました。娘は一生その重荷を背負っていかねばなりません。

現在娘は、コロラドの基地で手術を待っています。夜、死ぬ夢を見ては叫び、起きます。もう2度と、からだも心も若者らしい、喜びにあふれた状態に戻ることはないでしょう。娘は私の最も親しい友人であり仲間です。娘の悲しみは私の悲しみです。

私たちはみな、兄弟姉妹です。私たちは、誰もが同じように感じ、同じように血を流すのだということに気づかねばなりません。私たち自身が未来なのだと、私は信じたい。私たちは声をあげ、ものごとを変え、より文化的な社会をつくる力があるのです。ここにみなさんとともにいることが、私に希望と、平和のために活動し続ける力を与えてくれます。

みなさんが平和をめざす活動に時間を割き、献身されていることに、感謝します。自分たちの周りの人々にだけつくして生きることは、簡単です。よりよい世界にするためにエネルギーを費やすことは、最大の贈り物です。自分の子どもだけでなく、すべての子どもたちのために世界をよくすることで、私たち自身がよりよい自分になれるからです。

チョン・ギュンランさんの発言

平和をつくる女性たち国際連帯委員会委員長(韓国)
第50回日本母親大会
被爆60年・核兵器廃絶国際シンポジウム
-イラク派兵撤退、世界の平和運動と連帯し、核も基地もない地球を


朝鮮半島とアジアの平和をめざす朝鮮女性のとりくみ

第50回日本母親大会に参加し発言できることを、光栄に思います。朝鮮半島とアジアの平和について韓国女性がどう考えているか、意見発表の場を与えてくださった実行委員会のみなさんに、感謝します。

私たち韓国の女性は、朝鮮半島に平和を実現するために努力してきました。朝鮮は1945年以後分断され、国民は深い痛みを負っています。ふたつの朝鮮は厳密にはまだ戦争状態にあります。それは1950年から53年の朝鮮戦争が、停戦協定は結びましたが、平和条約という形で決着しなかったからです。この50年間、戦争の恐怖が朝鮮半島を支配し、北と南の人々双方に不信と憎しみと対立を植え付けてきました。ご存知かもしれませんが、北朝鮮、韓国ともに莫大な軍事費をかかえ、非武装地帯の周辺には約170万人の兵士が配置されています。3万3000の米軍兵士も駐留しています。日本による占領、朝鮮戦争と分断が、朝鮮半島の地域社会は否定的な影響を及ぼしており、特に女性、子ども、高齢者や障害者は繰り返し、精神的・身体的な暴力や分離にさらされています。

平和の維持、紛争の平和的解決の促進と民主主義が、女性の発展をすすめる重要な要因なのです。平和と男女平等は密接に結びついており、女性のエンパワーメントを実現するために欠かせません。韓国女性は、平和に大変強い関心をもっています。「平和をつくる女性の会」は、他の女性団体や市民組織とともに、戦争に反対し、朝鮮半島の平和をめざし、活動しています。

1.「平和をつくる女性の会」設立の歴史的背景

「平和をつくる女性の会」は、1997年3月28日に設立されました。そこには特別な歴史的事情があります。1991年から93年にかけて、南北朝鮮と日本の女性たちが東京、ソウル、ピョンヤンで「アジアの平和と女性の役割」というテーマで会議を開きました。1991年の東京での会議に南北朝鮮の女性を参加させる上で、日本の女性たちは重要な役割を果たしました。市民レベルで南北の女性が集うのは、朝鮮半島の分断以降はじめてのことでした。この一連の会議は、南北朝鮮の女性に、分断された民族の現実を認識し、互いの考え方や制度のちがいを理解する機会を与えてくれました。

「アジアの平和と女性の役割」に関する会議の韓国実行委員会は、21世紀に民族統一と平和を実現させることをめざし、会議の精神と活動を引き継ぎ発展させる、特別の女性の平和運動をつくることを決めました。こうして「平和をつくる女性の会」ができたのです。

2.「平和をつくる女性の会」の活動

「平和をつくる女性の会」は、朝鮮半島の統一と平和およびアジアと世界の平和の実現をめざしつくられた、特別な運動体です。

1)反戦運動

「平和をつくる女性の会」は、反戦運動の先頭に立ってきました。「平和をつくる女性の会」は、9・11のあと、テロと戦争に反対し平和をもとめて、平和デモ、韓国の大統領とジョージ・W・ブッシュにたいする声明、女性団体との共同行動などを始めました。私たちの行動は、21の女性団体による「戦争に反対し平和をもとめる女性の行動」(略称女性行動)という組織の結成に結びつきました。「女性行動」は現在、イラク戦争と韓国軍の派兵反対に集中しています。女性環境団体、宗教団体、学識者、統一をめざす団体など30を超える女性団体が参加しています。「女性行動」は、女性の問題意識を高め、戦争反対の思いや永続する平和への願いを、広げています。「平和をつくる女性の会」は、「女性行動」の中で中心的役割を果たしています。「平和をつくる女性の会」はまた、365の団体が参加する「イラクへの韓国兵士の派兵に反対する国民行動」という組織の一員として活動しています。韓国の女性国会議員へのはたらきかけをしています。

2)南北朝鮮の統一と協力への努力

私たち女性は南北朝鮮の関係改善と同時に、南北の女性の交流を促進し北に人道支援を送ることを通じて、民族統一と協力に力を尽くしています。

女性団体は、経済的な困難に苦しむ北の女性と子どもたちに人道支援を行ってきました。「平和をつくる女性の会」はふたつの女性団体と協力して、1997年8月、北朝鮮女性協会に26トンの粉ミルクを送りました。「平和をつくる女性の会」と韓国女性協会連合は2001年12月、資金を集めて北の女性と子どもたちに下着を送りました。

2000年6月の南北朝鮮首脳会談は、敵意と対抗を超えて、南北関係に平和と共存をめざす土台をつくりました。平和的な統一を実現できるという大きな希望を人々に与えました。
南北朝鮮女性の交流プログラムは私たちにとって、分断による基本的な価値観や文化のちがいを理解する助けになりました。特に、2002年10月16、17日に北朝鮮の金剛山で開かれた「平和と6・15共同宣言の実行をもとめる女性統一集会」は、重要な行事になりました。「平和をつくる女性の会」は、集会の実行委員として役割を果たしました。
韓国から350人、北朝鮮から300人、海外から20人、合計670人の女性が集いました。私たち女性は、南北の敵対的な関係を克服するために、調停者として、また平和のつくり手として役割を果たそうと努力しました。

3.北の核危機をどのように解決すべきか

今、南北の女性は、朝鮮半島の核問題をめぐるアメリカと北朝鮮の対立のもとで、重大な安全保障の危機が生まれるのではないかと懸念しています。アメリカ政府は世界の多くの人々の反対に背を向けて、「悪の枢軸」と決めつけた国のひとつ、イラクにたいし先制攻撃を行い、占領しました。次の標的となる国はどこでしょうか?北朝鮮でしょうか?
朝鮮半島の核危機は、ブッシュの北朝鮮政策とかかわりがあります。クリントン政権のもとで私たちは、北朝鮮とアメリカの関係改善に一定の期待をもっていました。しかし、ブッシュは冷戦時代の軍事的封じ込めにならい、経済的孤立化戦術にもとづく強硬政策、非妥協政策をとっています。

「平和をつくる女性の会」と南北の団体は、北朝鮮の核危機解決のために、次のような内容のアピールを出しました。

第一に、アメリカと北朝鮮両国政府間の紛争は、平和的手段によってのみ解決されねばならない。そのために、アメリカ、北朝鮮はじめ6ヶ国協議のすべての当事国は、真の平和主義を貫き、対話を行うべきである。交渉のテーブルから、封じ込めや力の行使の威嚇はいっさい排除しなければならない。そうした威嚇は、これまでの有意義な協議において、障害にしかならなかったからである。

第二に、南北のNGOは、朝鮮半島での核兵器の開発、配備、使用に反対する。非核の原則にしたがい、私たちは北朝鮮の核開発計画と、アメリカの朝鮮半島への核兵器の配備と使用に反対する。すべての国は1992年の南北非核化宣言を尊重し、アメリカは核兵器の先制使用政策をきっぱりと放棄しなければならない。

第三に、現在の危機は、アメリカが安全を保障し、かつ北朝鮮の核開発計画の凍結への見返りとして経済制裁を解除するという包括的な交渉によって解決すべきである。韓国や近隣諸国は包括交渉でなされた約束を支援、保障しなければならない。一方北朝鮮の側も近隣諸国と誠実な対話を行うことがもとめらる。停戦合意を平和条約にかえることによってのみ、軍事対立の根源をたちきり、将来に紛争の火種をすべてなくすことができる。

第四に、南北のNGOは、朝鮮の将来にかかわるいっさいの政策は、朝鮮の人々の意見や希望が反映されなければならないと考える。朝鮮の人々は戦争ではなく、南北間の和解、協力、平和構築と統一を望んでいるということを、明確に示さなければならない。

北朝鮮の核危機のもとでも、南北の女性団体は会合、訪問などの交流を続け、朝鮮半島に協力と平和の条件をつくる努力を続けています。このような状況のもと、南北の女性は2003年3月8日の国際婦人デーに、戦争に反対する共同宣言を出しました。韓国と北朝鮮の女性団体の代表は、毎年8月15日の独立記念日に他の団体とともに、両国政府による6・15南北共同宣言を祝う行事を行っています。

韓国の女性団体の役割は、ますます重要になっています。こうした交流は信頼を建設する手段であり、いずれ軍事や政治の分野にも引き継がれていくものだと言えます。

4.日本の平和憲法と女性の役割

平和のために活動している南北の女性たちは、日本国憲法の改正とイラクへの自衛隊派兵に反対しています。

平和憲法9条をかえる動きは、アジアの女性にアジア太平洋での戦争の悲劇を思い起こさせています。戦争の被害者であり、生き残りである女性として、私たちはあの悲劇を忘れることはできません。戦争は私に、日本による従軍慰安婦などの戦争犯罪を思い起こさせます。20万人もの女性が、日本軍の性的奴隷にされました。かつての従軍慰安婦たちは、いまでもソウルの日本大使館前で抗議行動をしています。許の問題は、60年間解決されていません。

私たちは、イラクへの自衛隊派遣が、平和をつくる助けになるとは思いません。戦争と軍事力が平和と安全保障をもたらすことができるというのは、幻想です。私たちは、軍事的優位主義が安全保障のために潜在的な敵を抑止するための正しいやり方だとは思いません。むしろ、憎しみにもとづく戦争と軍事力は、他の国に恐怖心を与え、いっそうの抵抗をうむだけです。
平和憲法をかえることは、日本だけでなく国際的な問題です。日本は世界第二の経済大国であり、世界的な問題に影響を及ぼしています。日本国民は、国際秩序について考えなければなりません。有事法制、イラクへの自衛隊派兵、ミサイル防衛システムへの参加、そして突出する軍事費は、日本をふたたび軍事国家にするものです。また、北東アジアに軍拡競争を引き起こします。

国家間の憎しみと不信を取り除き、平和的な共存と誠実な協力をつくるうえで、女性ができることを理解することは、政治的に重要です。暴力の放棄が必要です。

私は日本の女性が平和、安全、人権、そして環境のために活動するよう期待します。日本の平和憲法は世界の平和にとって欠かせない、宝物です。9条を守り他の国々に広げることは、平和の建設に貢献することです。

母親として、私は、私たちの子どもたちが平和な社会に生きてほしいと願っています。私たちは平和主義にもとづく連帯が必要です。朝鮮半島に平和を築き、平和憲法を守り、イラクへの韓国の軍隊と日本の自衛隊の派兵をやめさせるために、力を合わせましょう。
女性は別の世界を実現することができると信じます。ありがとうございました。