テリー・ケイ・ロックフェラーさんの発言

ピースフル・トゥモローズ「平和な明日をめざす9月11日家族の会」(アメリカ)
核兵器なくそう女性のつどい2003


核兵器なくそう女性のつどい2003で発言の機会をいただき光栄です。

女性は歴史をつうじて、平和運動の先頭に立ってきました。この暗く混乱した時代に、戦争を終わらせ、核兵器をなくす私たちの努力は、かつてなく緊急になっています。

私は、2001年9月11日のテロ攻撃で妹をなくしました。その日、妹のローラは、午前6時に自分のアパートを出て、世界貿易センタービルに行きました。ITに関する会議のためでした。それは、家賃を払うためのアルバイトでした。ローラは歌手で、俳優で、ブロードウェイのスターになることを夢見ていました。飛行機が世界貿易センタービルに突っ込んだとき、家族のものは誰も彼女が世界貿易センタービルにいるとは思いもしませんでした。

私は、「ピースフル・トゥモローズ」のためにこの1月にイラクに行きました。アメリカ政府は、アメリカ国民がイラクに行くのは違法であるといったので、私たちの会の代表(全員女性)は、政治的不服従を表明してイラクに行きました。アメリカ市民がブッシュ大統領の無謀で正義に反する戦争の被害者であるイラク市民と連帯することが緊急であると考え、私たちは、多くのイラク市民と話し、かつて、美しく豊かな国に、戦争がもたらした死と破壊の痛みや苦しみを聞きました。静かにともに嘆き悲しんだだけの集会もありました。2002年12月1日に飛行禁止地帯に落とされた爆弾で夫が殺されたという未亡人が、私たちに話してくれました。

イスラム教の伝統に定められた4か月の喪に服する期間、彼女を支えた女性たちのサークルに歓迎を受け、私たちの話に涙を流してくれました。私は、これを決して忘れないでしょう。

私たちの会は、私たちの声で、戦争をやめさせ、アメリカの指導者たちがアメリカの富、力、知識を、イラクと世界に正義をもたらす非暴力のために使うなら、世界の人々を励ますことになるだろうと考えていました。これまでにない大規模な国際的平和運動がつくられ、イラク戦争に反対しました。最終的に戦争は始まってしまいましたが、私たちは、国連の査察をもとめ、アメリカの戦争行動に抵抗し、イラクの大量破壊兵器の存在についての米英の主張の有効性を問い正し続けることの重要性を軽視すべきではありません。

また、平和運動を生き生きしたものにし、国際関係を強化することはきわめて重要です。私たちの運動には、すべきことがまだまだたくさんあります。私は、ヒロシマ、ナガサキから元気をもらい、アメリカ政府の偽善を終わらせる決意を固めました。アメリカ政府が非核保有国に対する核兵器使用を含めた先制戦争をしようとしながら、イラク、イラン、北朝鮮に対し、核などの大量破壊兵器をなくせと要求していることを恥ずかしく思います。私たちは、アメリカのバンカーバスターなど新型兵器の開発計画をやめさせなければなりません。アメリカ自体から核兵器がなくならない限り、私たち平和活動家は手を緩めることはできません。

平和な明日をめざす9月11日家族の会は、アメリカの戦争の犠牲となった罪のない市民についての自覚を高めるための活動を続けます。私たちは、アフガニスタンやイラクでアメリカ軍イン殺された民間人の数の正確な報告を入手し、アメリカ議会に対し、アフガニスタンとイラクの被害者の救済を行う法律をつくるよう求める活動を続けます。私たちの会は、強大な平和組織の連合体である「全米平和正義連合」のメンバーとして、アメリカによるイラク占領に抗議し、ブッシュ政権が戦争を正当化するためについた嘘を調査するよう要求しています。

私は、この重要な活動を日本や世界の親しい友人と協力してすすめたいと思っています。

みなさん、地球上の一人ひとりに平和がおとずれるようにがんばりましょう。

*インタビュー*
平和のための国際的な連合体を

テリー・ケイ・ロックフェラーさん
ハンナ・ロックフェラーさん
ピースフル・トゥモローズ「平和な明日をめざす9月11日家族の会」

インタビュー 平野恵美子


昨年はピースフル・トゥモローズからリタ・ラサルさんがみえました。リタさんはインタビューの中でノーメイク派とおっしゃっていましたが、テリーさんはいかがですか?

 

テリー 私もあまりお化粧はしません。たまに口紅をするぐらいかしら。ハンナは好きですよ。

ハンナ お化粧は大好き。アイシャドー、口紅、リップグロス、マスカラにアイライナーなど使っています。

初めて原水爆禁止世界大会に参加してのお二人の感想を聞かせていただけますか。
テリー ひとことでは言えませんが、一番すばらしいと思ったのは、日本や世界各国の人たちとそれぞれの国での経験を交流できたことです。長崎の大会には7300人も集まり、さまざまな分科会があって、本当に活動している人たちが集まっていることを感じました。イギリスやアメリカの国内でも反戦・平和の連合体ができていますが、国際的な大きな連合体に発展させたいと思います。それから、「女性のつどい」も大変印象的でした。さまざまな分野の発言があり、とても勉強になりましたし、なによりも音楽があって美しい行事だったと思います。集会などでも、音楽や文化性があるということが大切だと思います。ハンナは恥ずかしがり屋なのですが、ピース・ジャムでは、他の海外の若者たちといっしょにステージに上がって、とてもいい経験をしたようです。(ハンナ、ちょっと恥ずかしそうな顔でうなづく)

テリーさん、テロに対する非暴力について講演されているとのことですが、今まで印象に残った講演地と、参加された方のエピソードがあったら、ご紹介いただけますか。
テリー ここという場所をあげることはできませんが…私の話を聞いた人たちは、いつも私が報復を考えていないことに驚きます。そして、常にどこでも「なぜ」ときかれます。私はできるだけ多くの人と対話し、暴力は暴力しか生まないこと、問題を解決するどころか、次の世代に問題を残すだけだということをわかってもらうように努力しています。これがいま、アメリカでもっとも大切なことなのです。私たちピースフル・トゥモローズのメンバーは、テロの犠牲者の遺族ということで人々が話を聴いてくれます。だから、特別の役割を持っていると思います。
これも講演参加者のエピソードと言うのではありませんが、私が今注目しているのは、デニス・クシニッチ下院議員の平和省を創設しようという呼びかけです。クシニッチ議員は、外交や交渉での問題解決は、戦争よりもむしろ大変なことであり、戦争に勝利するより大切なことだと言っています。私もまったく同感です。
今回、私のような人間が世界大会のような国際会議に出ることの意味を痛感しました。世界大会への参加を通じて、他の国の人たちがアメリカという国、アメリカの政策や戦略をどう見ているのかが、よくわかりました。アメリカが基地を置いて軍事的にも経済的にも支配していることへの怒り、抑圧感がいかに大きいか、実感できました。私にとっては正直言ってショックなことでもありましたが、しっかり受け止めなければいけないことです。現実を理解するために、必要なことだと思いました。

「若い世代が平和運動に関わることは特に大切なこと」とお考えだと思いますが、日本の若い世代にお二人からメッセージをいただけますか。
テリー アメリカの反戦運動は、若い世代の力に期待していますし、必要としています。彼らのインターネットを使いこなす技術などは素晴らしいものです。日本でも同じでしょう?世界大会に、若い人たちが本当にたくさん参加していて、うれしく思いました。若い人たちが各地でイニシアチブをとっていることがよくわかりました。若い世代の人には、ヒロシマ・ナガサキを理解してほしい。被爆者がいずれいなくなってしまっても、ヒロシマ・ナガサキのことを語り継がなければなりません。原爆の事実が風化することなく伝えられるよう、力を尽くしてください。

ハンナ 世界中から来た人たちとともに過ごせたこと、本当によかった。また来たいです。私は、平和運動に参加している日本の若者たちを心から応援します。