パオラ・マンドゥーカさんの発言

イタリア反戦連合
核兵器なくそう女性のつどい2004


女性は、しなければならないことをたくさん抱えています。みなさんも同じだと思いますが、私もみなさんと経験を交流したいと思って、ここに来ました。

世界中で女性たちは戦争や暴力の脅威と、それによる福祉の切り捨てに直面し、たたかいを展開しています。私は日本に来て、日本の各地で核兵器廃絶のたたかい、憲法9条を守るとりくみが展開されているのを知りました。

イタリアには9条と同じような憲法があります。「戦力の不保持」にまで踏み込んでいる日本の9条とは違いますが、それでも「侵略のための戦争はしてはいけない」という内容です。ドイツにも同じような規定をもつ憲法があります。イタリアも日本もドイツも、敗戦後に同じような憲法をもつにいたっています。

“安全保障”の名において戦争がおこなわれますが、女性は命を一番に気遣う繊細な気持ちを持っています。女性はひとりで仕事や家庭や子育てや、3つも4つも役割を同時進行させています。だからこそ、戦争や暴力に反対できるのだと思います。

第二次世界大戦以降、人々はヨーロッパの女性たちを含め、みんなが「戦争はもういやだ」と思いました。戦争で犠牲になるのは,戦争を起こした人ではなく、市民であり、女性や子ども、高齢者たちです。男性が引き起こした戦争に女性が巻き込まれるのは、イラクでもアフガニスタンでもパレスチナでも同じです。女性たちは戦争の危険性、核の脅威にたいしてたたかいをすすめています。

ご存知のように、イタリアは現在、核保有国ではありません。しかし、戦後初めて今の政府は「核兵器を保有する”核オプション”について再検討が必要だ」と言い出しています。

イタリアはこれまでにユーゴスラビアやイラクなどに軍隊を送り、戦死者を出しています。若者が犠牲になるさまを目の当たりにして、「こんなことはイヤだ!」という人たちが増えています。

こうした命の破壊というのはこれからも起こりうるのです。そして、戦争がどこで起こっていようと、やめさせなければなりません。それは女性の肩にかかっています。女性たちは立場の違いを超えて、ネットワークを広げ、力を合わせることができるからです。世界中でたくさんの女性たちが、平和をかちとるために活動しています。私は日本の女性のみなさんが、力強く活動を展開されていることを知りました。女性たちはこのたたかいにおいて、館足らず勝利しなければならないと思います。

アリス・スレーターさんの発言

環境保護グローバル研究行動センター(GRACE)所長(アメリカ)
核兵器なくそう女性のつどい2004


イラクの子どもたち、広島の苦しみ、そして世界中で戦争や原爆で苦しんだ人たちの思いを込めた朗読劇を見た後で、私はアメリカ市民としてこの場に立つことを、本当に心苦しく思います。ですが、私は謝りません。なぜなら私がしたことではないからです。

なぜこんなことが起こり続けているのか。日本でもアメリカでも世界でも、民主主義が足りないからです。人々は戦争を望みません。人々は核兵器をなくしたいと思っています。私の国では、世論調査をしたところ、87%の人たちが「核兵器をなくしたほうがいい」と考えていることがわかりました。

私たちアメリカ人は、ブッシュ大統領を選挙で選んでいません。彼は選挙でずるいことをして、国民をだまして大統領になったのです。ですから私たちは今、ブッシュ大統領を追い落とすために、一生懸命に草の根の活動をしています。対立候補のケリーに投票するようにと運動をしています。それだけではなくて、ケリー候補が本当にw他紙たちの平和を願いう思いを実現してくれるようにと願ってイオます。

人々は戦争を望んでいません、戦争を望んでいるのは一握りの、そこで儲けを得る企業です。私たちは自ら行動に立ち上がらなければいけません。

そして、この母なる地球、美しい地球を守らなければなりません。それは女性の力にかかっています。男の子たちから戦争のおもちゃを取り上げて、男の子たちがそのおもちゃでつくり出した混乱状態をきれいにしなければなりません。

力を合わせましょう。

来年5月のNPT再検討会議に向けて広島と長崎の市長が「ニューヨークに集まれ」と、100万人の集会を開く緊急の呼びかけをしています。ここでは前回の再検討会議で、すべての核保有国が自国の核兵器をなくすということを決めた「明確な約束」を守らせることが必要です。そして私たちは「いま、核兵器をなくそう」署名を集めていますが、この署名をすべての国から提出しなければならないと思います。

私たちは小泉首相、アメリカの大統領(そのときブッシュなのかケリーなのかわかりませんが)に対して核兵器の廃絶の交渉を開始するように圧力をかけなければなりません。彼らこそが実際に交渉の場について、核兵器廃絶を決定する力を持っているからです。

みなさん、国会議員に対して、「アメリカのミサイル防衛計画に税金を使って協力するならば、もうあなたには投票しない」と言いましょう!

なぜなら、ミサイル防衛計画こそが、核軍拡競争のスタートなのです。ぜひみなさん、国会へ行ってください。国会議員にはたらきかけてください。

そして「憲法9条を変えようとするのならば、あなたたちは国会から追い出されるのだ」と言ってください。いまこそ、核兵器を廃絶しましょう。