卞蓮玉(ビョン・ヨンオク)さんの発言

韓国原爆被害者協会
核兵器なくそう女性のつどい2007


私は、広島で生まれ広島で育ち1936年生まれです。昭和11年3月に生まれて四年生の時に学校の庭で、ピカっとしたとき、うつむいたので怪我はなく、気が付いてみると世の中は変わっていました。

大人たちが私を見て、早く家に入りなさいと弟の手をひっぱって家に帰りましたが、一つ上の姉は学徒動員でどこにいたのかわかりません。5年生から学徒動員に行かされていたのです。

兄がひとりおりまして、兄は広島鉄道学校に。父は当時病気をしていたんです。母は、用事があり外に出かけて、父が外に出るともう家が半分こわれており、回りの人も集まってきて、これはなんだろうかと。原爆だとは知らなかったし、ピカ・ドンしかわからなかた。2、3日してこれが原子爆弾で、30年間は広島に草もはえない、食べてはいけない、水も飲んではいけないと言われて、本当にえらいことになったなと、子どもながらに思いました。私よりちょっと上の人が広島に勤めていたのですが、大怪我をして帰りました。でも薬がなかったんです。薬どころか何も食べなかった。11歳から2合配給してくれまして、子どもだから配給がなく、いつもご飯が半分しかなかった。父が私にご飯分けてくれて、それでもしあわせだった。隣の姉ちゃんが焼けどして胸が腫れ上がった。薬がないからひりひりして泣いていたんです。私の父がお前早くすずりを持ってこいといって、私は2日も墨をすりました。お姉さんの胸に塗りましたが2日目に亡くなりました。

その時は隣組がしっかりしていたんです。なんでも回覧板で知らせて、生き残った人は8条間まではれる蚊やを山のなかで張って、5、6いっしょにすんで戦争がおわってもわからなくて16日までいたんです。山の上に住んでいたんですが、子どもに町の様子を見にいかせ、「戦争が終わった」と聞き、信じられなかったんです。

私は被爆で、後遺症の残るとは知らずにいましたが、秋にお父さんの所に日本に住んでいる韓国の人が遊びに来て韓国に帰ろうといったのですが、もう連絡船はなかったんです。闇船を探してお金を出して帰るようにしたんです。その年は台風がきて大変だった。ある日、寝ていたらゆすり起こされて早く船に乗らないとと走って船に。ところが私が雇った船にはすでに人がいっぱい。とにかく乗ったのですが、山口のどこかで下ろされたのです。そこで乗り換えて。私はこれから韓国に帰って韓国語も知らない、どうしようと不安でした。

闇船が昼だけで。夜はどこかに止めておいて、1週間ぶりに釜山港に付いた。韓国では食べものがいっぱいなんです。くだものもいっぱい売ってる人が並んでいて、食べものがあるんだなと思いました。私は学校に入れてもらいましたが、言葉が分からなくていじめにあいました。

日本で1年生から4年生まで通ったけど私の担任の先生が生きてらっしゃいます。84歳で。広島で電話をしました「先生お元気ですか」と「あ~来ましたか」と。「今回は寄れません」といいました。

韓国の先生は私の言葉を知らないので、毎日廊下にたたされたんですよ。何かというと、九九を韓国語で覚えなさいと。私は日本語ではいくらでもできるけど、韓国語ひとつも知らないのに毎日バちっと指されたからわたしはもうなんで韓国に帰ってきたのだろうと思いました。5年生のときは試験で名前もかけなかったんです。そうしたら「名前書いていない人が2人います」というので「私かけません」と手を挙げました。先生は「あんたがなんで100点とるんだ」といったんです。九九算もできないのになんで100点とったのかと、「私のこれです」といっても信じてくれない。クラスで私ひとり100点。それから勇気だした。家でハングル文字勉強しました。ハングル文字ってなかなかむずかしいんですよ。覚えたら使いやすい文字なんです。読み方はわかるんだけど意味が分からない。

苦労して父が韓国動乱の時に亡くなりました。韓国に帰って3日目に姉が頭が痛いと息を引き取りました。兄は韓国動乱で兵隊にひぱられました。弟と私は孤児になりました。それから私は本当に苦労をしてきました。

20歳になったとき近所の人が親がいないから早く結婚したほうがいいとすすめられて結婚しましたけど、私は原爆のことを忘れていたんです。結婚して数日したら紫の斑点が出だしたんです。何かと思っていたらどんどんひどくなってきて子ども3人できましたけど、子どもにこの病気がうつっているんじゃないかと思いました。私は被爆者ということをぜんぜん感じなくて、あちこちの病院を回りました。お医者さんがあるとき私に「おかしいね、こんな病気は見たことない」って、「自分が見たところこれは光の光線だから、あんた工場で働いたことあります」って言われて、「工場で働いたことありません」と応え、おかしいね…といったときに思いだしたんです。「私は10歳の時広島で被爆しているんですけどそれがいまも影響あるんですか」というたら、知識のあった先生で、「あれは30年も40年も前のことだよ」と。「そっちのほうの病院いって精密検査しなさい」と。韓国は医療保険なんてなかったんです。入院したら全部自分で出さなければいけないし、貧乏してたからどうしようかと泣いてばかり。

その時お医者さんが言ってくれました「あなたが僕の病院に来たけん、薬は出すけど、僕にはあなたを治療する力はありません」。それを聞いたときはどんなに悲しかったでしょう。まだ若かったんですよ。20歳のときから長袖ばかり。苦労していたそのころ、大牟田被爆者の会が、韓国にいらして私と会って女性の方だったんです。「何か悪いところはありませんか」といわれて女性だったからスカートめくってみせたんです。「私はこうなんです。だるくてしょうがないんです」というと「どんなことがあっても日本に連れていって直してあげる」と。だけど信じていいのかなと思っていたのですが、大牟田で「○○さんを治療する」実行委員会を立てて看板上げてくれたんです。三井化学という大きな炭鉱会社ですが、そこの職員がひとり100円ずつのカンパを集めて私の旅費と治療代、手帳をもらうまではとカンパしてくれたんです。それで、長崎に来るようになりました。

けれどその当時は韓国人は海外に出られなかったんです。診断書をつけてだしましたが、ビザがなかなかおりない。日本では待っているんです。電話が来てビザが下りないと話すと労働組合から衆議院の人に頼んで、その人が韓国大使館に電話して、「ここで準備しているのにどうなのか。ビザを下ろしてくれ」と。ビザが下りました。治療ビザをもってきたのが昭和52年2月12日でしたか、韓国の被爆者のなかで治療をはじめたのが私が初めてでした。治療費を持ってこないと病院に入院しておられません。長崎の病院に3か月入院し、子どもが小さいからまた帰っていったり着たりが10年つづきました。私が行けないときは、大牟田の記念病院が委員長先生が薬を出してくれたり、「この人は、長く治療しないとダメだ」と、日本から薬を送ってくれ、おかげさまで、いまが人生で一番健康なときなんです。日本政府はにくいけど、日本の民間の皆さんのおかげで、みなさまの運動のおかげで私が健康を取り戻し、みなさんとこういう場で話すことができました。本当に光栄です。来た時に考えたのは、反戦運動は被爆者なしには考えられません。もし被爆者の方がこの中にいらしたらいっしょにがんばりましょう。

リナ・カウアスキーさんの発言

人権活動家(エクアドル)
「核兵器なくそう」女性のつどい2007


女性平和基金に感謝します。

私は、激動の大陸、ラテンアメリカから来ました。ラテンアメリカでは、社会運動、先住民、農民、女性組織、学生、青年など政治的、経済的、軍事的な支配の犠牲になっているさまざまな層の人々が、多数の国民に恩恵をもたらす民主的な事業を進めるために力関係をかえつつあります。

ラテンアメリカを再び植民地化する戦略とテロとのたたかいをすすめるアメリカ政府は、いわゆるスクール・オブ・アメリカが改名した西半球安全保障協力研究所へのあらたな資金援助を承認しました。 スクール・オブ・アメリカは何年にもわたって、南米大陸で70年代以降人道に対する犯罪や深刻な人権侵害を行なってきた、もっとも血なまぐさい独裁者たちを訓練したところです。

アルゼンチンとチリで独裁政権の犠牲になった女性、母親、姉妹、妻たちは、南米大陸で最も抑圧的な軍部を法廷の被告席につかせた不処罰を許さないたたかいにおいて、重要な役割を果たしました。現在も、海岸の町マンタなど米軍事基地が存在する町では、売春や夜の娯楽施設の増大、望まない妊娠、少女や若者の性の搾取、農民の立ち退き、伝統的漁法で漁をする漁民の活動の制限、外国製品の輸入による生活費の上昇、ファーストフードの増加や海岸の公共スペースの制限などの問題が起こっており、女性たちの役割が重要です。

みなさんとともに、それぞれの大陸、地域でのたたかいを交流するとともに、軍国主義に反対する世界的な意識を高めるためのキャンペーン、政治行動、裁判闘争、社会的動員などを通じて戦略を探求する機会を得たことを、光栄に思います。ノーモア・ヒロシマ、ノーモア・長崎!二度と繰り返すな。核兵器も軍事基地もないもうひとつの世界は、可能です!

リナ・カウアスキーさん

人権運動家(エクアドル)
文・新婦人国際部長 平野恵美子


日本と世界のたたかいに学んだ原水爆禁止世界大会

原水爆禁止世界大会では、すべての海外代表に発言や分科会の運営を担うなどの機会が保障され、参加している国々のたたかいのさまざまな経験を学ぶことができるよう工夫されていることに、感動しました。被爆者や核実験被害者の証言、そして日本の人々の運動から多くのことを学びました。みなさんは、広島と長崎の悲劇の痛みを乗り越え、白分たちが経験した苦しみが他の国の人々に繰り返されないように世界に警告を発するために立ち上がった、気高い人々です。日本と世界の、地域のたたかいの中心になっている草の根のリーダーたちに、ぜひ世界大会に参加してほしいと思います。私の心に焼きついた日本のイメージは2つです。ひとつは、原爆資料館の展示や被爆者の証言など痛々しい思い出。もうひとつは、広島での「女性のつどい」などで希望のメッセージと歌、力強い女性とかわいい子どもたち、そして生き生きとした若者たちの姿です。帰国後、原水爆禁止世界大会の「国際会議宣言」をスペイン語に訳して、平和団体のホームページに掲載、つながりのある団体や入々に送るなどしました。原爆展も企画できればと、思っています。

新憲法制定、新しい国つくりをすすめるエクアドル

いま、エクアドルでは、昨年11月に発足した憲法制定議会に向けて、平和運動や人権団体が集まり、新憲法に盛り込んでほしい文言を起草・発表しています。現行憲法で保障されている人権を補強するものや新しい条項など、さまざまな提案がされています。軍事主義や外国軍の駐留の問題では、ラファエル・コレア大統領は、2009年に期限を迎える米軍のマンタ基地使用に関するアメリカとの協定を更新しないことを表明しています。エクアドルのアメリカ大使館は協定を更新するよう圧力をかけるために、メディアを使った攻撃を強めています。基地撤去をめざす「エクアドル反基地連合」は、憲法制定議会に次のような文言を提案しています。「エクアドルは平和な主権国家であり、外国の軍事基地も軍隊も置かないし、他の形態の外国軍の駐留を示唆するようないかなる協定も結ばない。単独であれ、他の国々と共同であれ、他の国々の紛争に軍事的な介入はしない。他の国々とともに軍事演習も訓練も行なわない。」これは、日本の憲法9条の精神に通じるものではないでしょうか。ほかに、天然資源を守る、先住民の多様性と自決権を認める、現在違法とされている抵抗・抗議権を認めるなど、あらゆる分野にわたって提案がされています。新憲法の制定はエクアドル国民にとって、白分たちの都合のいいように法律や憲法を利用してきた]部の人間の利益ではなく、国民大多数の利益にこたえる国としての新しいエクアドル国家の骨組みをつくるための、歴史的なチャンスなのです。

一本一円運動は企業の社会的責任のお手本

女性平和塞金のおかげで、さまざまな社会組織、とりわけ女性たちのたたかいについて理解を深めることができましたし、アジアやヨーロッパの平和運動についても、学ぶことができました。国際的に軍事化に反対する声が広がっていることを、実感しました。新婦人のみなさんとの交流を通じて、地域に根ざしながら、政治や経済などさまざまな問題にとりくむことができる、力ある女性組織だと思いました。新婦人の活動は、日本の社会がもとめている変化を起こし、女性・国民が社会の主人公になる道を開くものです。それは、日本だけでなく、平和と社会正義をもとめる世界の人々のためのたたかいだと思います。女性平和基金も、大切な役割を果たしています。多くの女性平和活動家が日本の現状を知るとともに、それぞれの国で白分たちがすすめているたたかいのビジョンや経験を交流する機会をつくり、連帯を広げているからです。レイラ化粧品の売り上げを平和運動に活かす1本1円運動は、企業の社会的責任をもとめるとりくみのお手本といえるでしょう。

子供たちに尊厳のある未来を…
同じ夢をめざす女性として

私は、憲法9条が守られることを心から願っています。9条は、平和を守ることへの熱烈な願いと、62年前に亡くなった人々、そして今日まで生延びた人々への敬意を示しているからです。私たちは子どもたちに尊厳ある未来を保障するために、力を合わせなければなりません。私を大家族の一員のように迎え、私たちがラテンアメリカですすめているたたかいを共有する機会を与えてくださり、ありがとうございました。ことばと地理がちがうだけで、私たちは、この美しい地球に住むすべての人間が平和に、社会正義と尊厳を持ってくらすという同じ夢をめざしているのです。