セレステ・ザッパラさんの発言

声をあげる軍人家族の会・声をあげるゴールドスター家族の会(アメリカ)
核兵器なくそう女性のつどい2008 in ヒロシマ


こんにちは。私はセレステ・ザッパラです。フィラデルフィアから来ました。私は今日ここにみなさんとともにいることをとてもうれしく、気持ちがひきしまる思いをしています。私は声をあげる軍人家族の会からのあいさつを送ります。この会は4000人の家族から構成されています。今イラクで戦争に参加している兵士の家族であり、戦争に反対する家族の会です。

私たちは、「今すぐ兵士を国にもどせ、帰還した兵士のケアをせよ、2度とうそで始めた戦争に送るな」と声をあげています。会の会員の多くは、今イラクに送られている兵士の母であり、妻であり、姉妹です。私は母として、祖母としてここにいます。私はみなさんに私の息子がイラクで亡くなったことを伝えるために来ました。息子、シャーウッドの亡骸を埋葬したとき、私たち家族は彼に誓ったのです。この戦争の真実、あらゆる戦争の真実を語ること、いかなる戦争も正当化できないと語ることを。そして私たちは、戦争に反対するだけではじゅうぶんではなく、平和のために行動しなければならないということを学びました。

私は日本に来て、名古屋、京都、大阪、ここ広島で母親たち、被爆者、そして多くの女性や子どもたちからたくさんの話を聞き学ぶことができたことを、とても光栄に思います。みなさんが語ってくださったひとつひとつのことに、感謝します。私は我慢強くあること、誠実であること、そして団結することを、みなさんから学びました。このメッセージを国に持ち帰ります。

私の町、フィラデルフィアで私が通っている教会は、平和のとりくみをしている教会です。この教会の仲間たちが、私が日本にいるということを知って、連帯と平和のしるしとして折り鶴を折ってくれました。ここにその教会の仲間が折ってくれた折鶴の一部を持ってきました。私の心と希望をこめてみなさんに送りたいと思います。そしてその教会には、900の折鶴が下げられているということをみなさんにお伝えしたいと思います。私たちはみなさんのために、みなさんの平和の活動のために、祈っています。

私が幼いとき、私の母はよく私にこういいました。「人々にはとても残酷なことをする力があるけれど、それ以上に人を愛する力をもっているのよ」と。そして私はこの愛こそが、私たちが持っている力だと思います。この力を使って私たちは、私たちの子どもたちに平和な世界をつくらなければいけないし、できると思っています。このたたかいで私はみなさんとともにあります。ありがとう。

マリアム・ラウィさんの発言

アフガニスタン女性革命協会(RAWI)
核兵器なくそう女性のつどい2008 in ヒロシマ


日本の姉妹のみなさん、母であるみなさん、友人であるみなさん。私はこの大会に参加してのこの数日間に示された、特にこの女性のつどいで感じとっているみなさんの連帯と支援に、言葉に表せないほど感謝しています。

私の国アフガニスタンは、みなさんの国からはとても遠いところです。そして30年間ずっと戦争状態にある国です。何世代もが戦争と破壊に苦しんでいます。私の国は7年前からアメリカが直接軍を駐留させ、地方の軍閥、すなわち犯罪的原理主義者の集団を支援しています。彼らは、何千万もの人々を殺してきました。毎日10人から20人が自爆攻撃や、アメリカとその同盟国による爆撃で殺されています。そしてもちろん、この数年間の破壊と戦争でまっさきに、もっとも被害を受けているのは、女性です。こういった国に生きる女性だからこそ、アフガニスタンの女性たちはもっとも強く平和を願い、子どもたちのために安全と安心をもたらすために活動しようとする決意を誰よりも強くもっているのだと思います。

私の父は戦争の早い時期に戦闘で亡くなりました。私は、私の組織RAWAが運営する孤児院で育ちました。そしてその孤児院で過ごした数年間に、教師たち、RAWAのメンバーたちから、原理主義や今アフガニスタンを支配している外国に支援された私たちの敵は、女性の権利、人権のために積極的なことは何もできないということを教わりました。

私たちの組織の名前は、アフガニスタン女性革命協会といいます。この意味で、私は自分を革命的な女性だと言うことができます。なぜなら、民主主義のために活動すること、たとえば教育を受ける権利、自由に移動する権利、そして安全な生活を営む権利など本当に基本的な人権をもとめることすら、アフガニスタンのような国では革命的な課題なのです。私の組織はさまざまな分野で活動をおこなっていますが、とりわけ教育、孤児院や学校での識字コースの提供を重視しています。女の子たちに力をつけることで、自らの権利と自由のためにたたかうことができるようになるからです。

RAWAのメンバーたちは命の危険を冒して、女性や子どもたちへの人道支援をおこなっています。デモや会合を組織し、印刷物の発行もしています。私たちの国に民主主義と安定を実現するためです。人は、主として西側諸国の間違った政策、特にアフガニスタンをはじめとする国々にたいするアメリカ政府の政策の誤りについて批判することができるでしょう。私たちが何より必要としているのは、世界中のさまざまな国で自国の政府の誤った政策に反対する人々からの連帯と支援です。冒頭言いましたように、私はこの大会で多くのことを学び、そのなかで確信するようになりました。みなさんのアフガニスタンの姉妹・兄弟たちは、けっして無知と貧困のまま、戦火のなかで置き去りにされているのではないということを。ありがとうございました。

フェリシティ・ヒルさんの発言

婦人国際平和自由連盟(WILPF)副会長(オーストラリア)
核兵器なくそう女性のつどい2008 in ヒロシマ


姉妹のみなさん、友人のみなさん。婦人国際平和自由連盟(WILPF)よりあいさつを送ります。むかしからの友人に会えてうれしいです。私の隣にいる友人との再会を喜んでいます。

昨日、今日と私は、日本の平和運動のとりくみに感動しています。そして今夜この会場を見て、胸がいっぱいです。みなさんは手作りの品々で私たちのこの平和の活動をより美しく、そして幸せなものにしてくださっています。教育の手段として、有効なものをここにみています。みなさんからたくさんのものを学ばなければなりません。

私たちの世界は温暖化がすすみ、水が干上がり、軍事費がどんどん増えています。ここにいるみなさんはわかっていることが、兵器、とりわけ核兵器、銃、地雷は、私たちが今直面している津波やハリケーン、洪水、ウイルス、気候変動、水不足などの問題を防ぐこともなくすこともできません。こうした問題こそ、私たちの時代における、本当の安全保障上の脅威なのです。私たちがこうした問題にとりくみ解決しようと思うならば、今軍事や兵器や戦争に使われている人的資源やお金の使い方をかえなければなりません。

世界で今軍事上の安全保障に使われているお金は、1億3390億ドルにのぼります。これは1年分です。この額は、国連予算600年分に相当します。600年分です。そして、イラクの占領2週間分の費用は、すべての先進国がこの5年間にジェンダー平等、男女平等政策に使った予算の総額にあたります。こうした軍事費、武器売買は企業のためのものであり、私たちはこれを組織的犯罪という以外にありません。

私たちはよく簡単に「10億」という単位を口にします。でも実際にはどのくらいの量なのか、想像することは難しいのではないでしょうか。2008年の1月1日から10億秒前は、1961年です。10億分前、イエス・キリストが生まれました。10億時間前、人類の祖先は石器時代に生きていました。そして10億日前には、この地球には直立歩行の動物は存在していませんでした。地球に生きていたのは、這っていたり、泳いでいたり、魚のような存在だけでした。

これは私たちWILPFが、人々にいったいどれくらいのお金が戦争や戦争準備に使われているのかを理解してもらうために使っている手法です。みなさん、私たちは本当に怒っています。なぜなら、これは私たちのお金であり、私たちの将来がかかっているからです。

8月6、9日、WILPFの会員たちは広島、長崎に対しておこなわれた犯罪的な行為を思い起こします。さらに、世界各地の被爆者、太平洋やオーストラリアの砂漠、カザフスタンなどの核実験での被害者にたいしても思いを寄せています。

オーストラリアと日本の政府は新しいプロセス、新しい委員会をたちあげました。それは核軍縮をすすめるための委員会ですが、私は、これには私たち女性の助けが必要だと思っています。まだこの委員会は活動を始めていませんが、そのたちあげが宣言されたということ自体が、歓迎すべきものです。特に今アメリカで大統領選挙がおこなわれているからです。この委員会がほんとうに前向きで力あるものになるように、WILPFはNGOシャドー委員会、NGOの影の委員会をつくって、委員会の動きを監視し、委員会に必要な資料や批判を提供できるようにすることを提案しています。この点で私たち女性は、大きな役割をはたせると思います。特に日本とオーストラリアと日本の女性団体が力をあわせれば、この委員会を積極的なものにするうえで、大きな貢献ができると考えます。私たちの両国政府が今連携しようとしているのですから、私たちもまた女性団体として連携をしましょう。そして核兵器をなくして、核の傘をとりのぞいていきましょう。ありがとうございました。