アリエル・ドゥニさんの発言

フランス平和運動共同議長
核兵器なくそう女性のつどい2009


私はこの5日間、原水爆禁止世界大会に参加してきて、なぜフランスの人たちがこの大会に参加したいと思うのか、なぜ参加しただれもが興奮しながら経験を伝えてくれたのか、よく理解できました。日本の平和運動と被爆者のみなさんに、感謝します。

日本のみなさんと私たちフランスの女性運動度平和運動には、共通点があります。たとえば平和、軍縮、核廃絶、そして女性差別の根絶と平等をもとめること、女性の権利と私たちのくらしの向上、これらのすべてが共通した課題です。

私たち女性は、紛争が起こったとき、もっとも攻撃の的になります。紛争は今も世界のどこかで続いており、犠牲者の90%は民間人であるといわれています。男性が戦場へ行っていたり、身を隠していなければならない間、女性は、家族の世話を一身に引き受けます。一方、女性の身体は、暴力やレイプ、拷問の標的にもなります。戦争中や紛争の後、女性がレイプを受けていたとすると、そのことが恥とみなされ、家庭や社会から排除されます。戦争は、女性の人間としての価値を破壊するものです。

戦争のとき、まっ先に平和のために立ち上がるのも女性です。たとえば、相手の国の女性と連絡をとり合ってネットワークをつくったり、世界のどこでも平和をつくりだす担い手になれるのが女性です。女性は社会や家庭で「劣ったもの」という扱いを受けているからです。

家庭は、差別や女性の低い地位がもっともあらわれる場です。たとえば、「父親が母親よりも上に立つ」あるいは「女性は男性よりも劣ったものである」ということが、合法化されているかのような状態が珍しくありません。平等をもとめるたたかいは、平和をもとめるたたかいであり、同時に、平和をもとめるたたかいは、平等をもとめるたたかいでもあります。女性は、平和をもとめるたたかいにたくさんのものをもたらすことができます。女性であることに誇りをもちましょう。

クリスティン・カルヒさんの発言

キューバ支援デュッセルドルフ連帯グループ執行理事(ドイツ)
核兵器なくそう女性のつどい2009


友人、仲間のみなさん。

広島と長崎で過ごしたこの数日間の経験、特に、被爆者の証言を聞いたことで、私は、核兵器のない世界をめざすたたかいがどれほど重要であるか、あらためて実感しています。この大会に参加する機会を与えてくださった女性平和基金に、感謝します。

「戦争ノー」「NATOノー」は、今年4月の、NATO・北大西洋条約60周年に反対する活動のスローガンでした。3万人を超える人が、デモ、市民的不服従、平和キャンプ、会議などさまざまな行動に参加しました。私たちは、核兵器が重要な位置を占めているNATOの戦略を分析しました。NATOは、加盟国すべてに、保有する兵器の近代化を強制していますが、そのなかにはイギリスのトライデントミサイルや、フランスの原子力潜水艦などの核兵器も含まれています。

来年までに合意される予定のNATOの新しい戦略は、第1撃政策、すなわち核兵器を持たない国々に対する核兵器の使用を含む先制攻撃にもとづくものです。

EU・欧州連合もまた、NATOと強く結びついています。EUには、核計画グループがあります。これ核保有国および非核保有国の共通の戦略計画グループで、核不拡散条約に違反するものです。

核兵器が廃絶されれば、NATOはその足を1本失うことになります。足が1本では、立ち続けることがむずかしく、やがて立っていられなくなります。

私たちは、オバマ大統領に対し、ことばだけでなく行動をもとめています。その第1歩がドイツからのアメリカの核兵器の撤去です。私たちはまた、ドイツ政府に対しても、これを支持し、核兵器のない世界というオバマ氏の考えに賛成するようもとめています。

ドイツから核兵器がなくなれば、フランスやイギリスへの大きな圧力となり、核兵器のないヨーロッパへの1歩になるでしょう。

ありがとうございました。

ドゥーハ・シャキルさんの発言

バクダッド大学数理学部学生(イラク)
核兵器なくそう女性のつどい2009


みなさん。アッサラーム・アライクム(みなさんに平和を)。

30万もの罪のない人の命を奪った広島、長崎の原爆の悲劇から64周年に、お話しする機会をいて大変光栄に思います。

私はイラクから来ました。イラクはいまだにアメリカの侵略に苦しんでおり、100万を超えるイラク人が亡くなっています。

女性が悲惨な戦争の犠牲者であることは、疑うべくもありません。そして社会の半数を占める女性は、残りの半数を育てているのです。

広島と長崎の市民は、原爆によって大変苦しんできたにもかかわらず、驚くべきことに、報復を考えるのではなく、自らの平和的な活動を通じて、他のいかなる場所にも同じ苦しみが繰返されないために、力を尽くしてきました。

日本に来たことで、私は世界のさまざまな国から来ている女性と出会い、核兵器をなくして世界を救うことをめざすさまざまな活動についてきく、すばらしい機会を得ました。

同じ悲劇が起らないように、積極的な役割を果たすことで、世界の女性たちは原爆の被害者への支援と連帯をするよう、もとめられています。

こうした願いを現実のものにするために、世界の指導者にたいして、地球上の人類の生存を脅かす核兵器を廃絶し、軍縮をめざす具体的な行動をとるよう、もとめていきましょう。

どんな困難があっても、あきらめてはなりません。私たちのたたかいは、この世界を安全で核のない世界にするという私たちの夢を実現するための、第1歩なのです。

ありがとうございました。