マリオン・キュプカーさんの発言

ドイツ平和協会-戦争抵抗者同盟国際コーディネーター
(ドイツ平和協会―核およびウラン兵器に反対する反戦主義者連合)
核兵器廃絶非暴力行動(GAAA)コーディネーター
核兵器なくそう女性のつどい2011


こんにちは。平和の友人のみなさん

私を招待してくださった女性平和基金にとても感謝しています。ドイツの反核平和運動から心からの挨拶を送ります。ドイツの反核平和運動は、福島の大惨事が起こって以後、日本の人々の安全をとても心配しています。さらに、ビュッヒェルの核基地の正門前で今この瞬間ヒロシマ・ナガサキデーを記念する1週間のハンストを行っている活動家たちからのあたたかい挨拶も送ります。ビュッヒェルには、ドイツ国内に残されているアメリカの核爆弾約20個が配備されており、そのひとつひとつが長崎型の爆弾の数倍の爆発力を持っています。NATOの核兵器共有協定により、ドイツ軍のパイロットは有事の際にその爆弾を運び目標に投下することになっています。

この数年間、48の団体や組織がこれら核兵器の撤去を求める運動を行っており、現在その運動をさらに強める活動を展開しています。

ロビー活動から市民的不服従運動まで、私たちの行動の最も重要な成果は、2009年の政権の連立合意にNATO同盟国との協議を通じてこれら核兵器を撤去することが決められたことです。2010年4月以降、国会は核兵器撤去を求める決議を全会一致で採択しています。

そしてドイツは今まさに、 原子力からの段階的な撤退を始めることによって、再生可能エネルギーからの電力供給は可能であるというシグナルを世界に発信しているところです。

2011年6 月の政府決議によれば、ドイツでは最も古い原子炉の半分が廃炉されることになりました。福島原発事故は、ドイツにおける原子力論争にも転機をもたらしました。人々は全国700を超える場所で毎週月曜日に開かれる集会に集いました。20の都市で、原子力からの即時撤退を求める大規模なデモが同時並行で行われました。25 万人が参加したこの行動は、原子力の使用に反対するドイツで最大の抗議行動になりました。

抗議の参加者の多くは子どもを連れた女性たちでした。私たちは、1986年ヨーロッパをおそったチェルノブイリの大惨事のときに、悲惨な事故に対して女性の方が男性よりもより容易に対応できるということを経験しました。社会的なしつけのなかで、女性の方が感情を表現することを許されるため、気が遠くなるような感覚とよりよく折り合いをつけることができ、よりよい行動をとることができるのです。1986年に私たちは、チェルノブイリから1000km以上離れているのに、子どもを外で遊ばせてはいけない、雨にあたってはいけないと言われました。新しい女性団体が生まれ、たとえば「放射能汚染のない食べ物をもとめる女性の会」は、有機食品の店で独自の放射線測定を行いました。反核運動の支援を得て、私たちは今日まで、食べ物に含まれるさまざまな放射性同位元素を測定する独立した環境研究所をもつことができています。だからこそ、昨年政府が20年以上もたったのでドイツ南部の森の野いちご、マッシュルーム、イノシシを食べても大丈夫だと言ったとき、私たちは反対することができたのです。

世界には400を超える原子力発電所がありますが、そのおよそ半数がヨーロッパに建っています。マヤック、ハリスバーグ、チェルノブイリ、そしてフクシマと、巨大な原子力事故が今まで何年ごとに起こってきたかを思うとき、次の超巨大事故がどれほど近い将来に現実のものとなり得るか、誰にでも予測することができます。

私たちは、政府を信用することはできないこと、政府を管理し圧力をかけなければならないことを学びました。ですから私たちの運動は、民主主義の拡充と草の根の組織のためのものでもあるのです。

日本の女性たちも今、福島の深刻な事態が続いているこの困難なときに、家族や友人の健康を守る上で非常に重要な役割を果たすことでしょう。長年の経験をもつドイツの反核運動はみなさんに連帯し、支援と協力を惜しみません。

世界中で完全なエネルギーの転換をめざす私たちの国際的な非暴力のたたかいは、始まったばかりです。
私たちは世界中のすべての原子力発電所の即時閉鎖をもとめます!
世界はその準備ができています!
ノーモア・ヒロシマ!
ノーモア・ナガサキ!
ノーモア・フクシマ!
ありがとうございました。

リサリンダ・ナティビダドさんの発言

グアム平和正義連合会長
核兵器なくそう女性のつどい2011


こんばんは。今夜、ここに招待していただき、ありがとうございます。
アファディ!こんにちは!私はチャモロ人のリサリンダ・ナティビダドと申します。チャモロ族がグアハンと呼ぶ、ミクロネシアのグアム島から参りました。グアハンは1898年以降(第二次世界大戦中の3年間を除き)、アメリカの占領地となっています。私たちは、軍国主義、被ばく、核兵器の危険の現実を知っています。1940年代から1960年代、マーシャル諸島からグアハンの方向に風が吹いたとき、私たちは放射線を浴びました。

チャモロ族は、軍国主義と核兵器のプレゼンスによる影響を受け続けています。2006年、アメリカは日本政府との間に、米海兵隊員8,000人を沖縄からグアハンへ移転する2国間合意を結びました。

2010年9月20日、グアムの基地増強に関する決定記録が、米海軍省のジャカリーン・ファネスティール次官補(エネルギー・施設・環境担当)によって署名され、発表されました。国防総省による増強計画や関連工事の発注が開始されたのです。この動きは、環境影響評価書案(DEIS)に対して住民およそ1万人が、基地のフェンスの外への社会的、文化的、経済的影響を懸念する意見を提出した後に起こりました。

グアハンの軍事化にかかわる懸念はいろいろと数え切れないほどあります。たとえば、低水準教育を実施するグアム教育省が設置され、分離教育が行われています。グアハンのすべての子どもたちに適切な教育を受ける機会を保証するための追加的支援を行う代わりに、国防総省は独自の特権的教育システムを基地内にのみ設立しました。また米軍は現在、グアハンの土地のおよそ33%を占有していますが、射撃場の建設のために新たに島の北部2,200エーカーの土地を収用しようとしており、大きな論争が起きています。対象地域には、パガットと呼ばれるチャモロ族の古代の神聖な村の遺跡があります。この問題では、米国防総省を相手取った訴訟が継続中です。パガットを取得すれば、グアハンにおける米軍のプレゼンスは土地の45%まで増加します。

私たちは、病院、教育システム、社会福祉、青年支援、障害者支援などの分野で大きな問題を抱えています。日本政府は、負担するグアムの基地増強費用のうち、60%の支払いをすでに開始しており、米財務省へ3回分割払いをしています。グアムの基地増強に関する環境影響評価書で、米国防総省は、島の電気、廃水システムや廃水処理施設の改善のために、日本政府が追加資金を支払うことを明らかにしました。これにより、グアムの基地増強のための日本の支払いは100億ドルに達することになります。みなさん、グアムの軍拡のための日本政府の投資に反対してください。

日本人とチャモロの人々は共に世界の平和と安全を危険にさらす地政学上の渦中にいます。私たちは、日本の人々、世界中の人々と連帯して核兵器廃絶をめざします。私たちチャモロ人は引き続き、外国軍基地、核兵器の生産、貯蔵、使用に反対していきます。チャモロの文化では、女性はリーダーです。私たちは今日、日本の女性と連帯し立ち上がっていることをうれしく思います。私たちはみな、世界の平和をめざす仲間です。

シ・ユオス・マアセ!ありがとうございました。

*インタビュー*
「核も原発も基地もいらない」
行動する女性たち

3月11日の東日本大震災と、現在も続く東京電力福島第一原発の事故を受け、核兵器廃絶と原発ゼロをめざす声と運動が広がるなか開かれた原水爆禁止2011年世界大会。被災地から多数の参加者を迎え、「ノーモア・ヒロシマ!ノーモア・ナガサキ!ノーモア・フクシマ!ノーモア・ヒバクシャ!」の声で心がひとつになった今年の世界大会には女性平和基金の招待でドイツとグアムから2人の女性が参加しました。


リサリンダ・ナティビダド(写真左)
グアム
グアム平和正義連合会長

マリオン・キュプカー(写真右)
ドイツ
ドイツ平和協会-戦争抵抗者同盟国際コーディネーター
核兵器廃絶非暴力行動(GAAA)コーディネーター

聞き手・新婦人国際部長 平野恵美子

脱原子力を決めた国・ドイツから。

行動の多くは子どもを連れた女性たちドイツ政府は6月に原子力からの撤退を決定しましたが、その背景には長年の運動がありました。「2000年に当時の政権が『原子力からの脱却』を打ち出し、2010年までに3分の2まで達成していたのですが、現政権は協定を反故にして原発の稼働延長を決めました。1986年にチェルノブイリ事故の時、1000㎞以上離れているのに、子どもを外で遊ばせてはいけない、雨にあたってはいけないと言われました。新しい女性団体が生まれ、有機食品の店で独白の放射線測定や原発周辺の子どもたちに白血病が多いことなどを告発してきました。そして3月の福島の事故。全国700を超える場所で毎週月曜日に続けられてきた反原発集会に、14万人が集い、20の都市で原子力からの即時撤退を求める大規模なデモも行われました。25万人の参加者の多くは子どもを連れた女性たちでした」「再生可能エネルギーは新しい雇用を生み出します。ドイツは2000年以降市民が再生可能エネルギーに投資し、十分な電力を供給できる力を持っています。企業や政府の嘘を許さず、世界中でエネルギーの転換をめざしていきましょう」「原子力は核兵器と結びついています。ドイツ国内にはアメリカの核爆弾が約20個配備されておリ、NATO(北大西洋条約)の核兵器共有協定によリ、ドイツ軍のパイロットが有事の際にその爆弾を運び目標に投下することになっています。今、これに反対したたかっています。運動によって、2009年の連立政権の合意に核兵器撤去を盛リ込ませ、2010年4月以降、国会は撤去を求める決議を全会」致で採択しています」

原発事故克服へ、日本女性の戦いを信じ、たくさんのつながりをくれた女性平和基金に感謝!

「日本の女性たちが、平等な権利とあわせて核兵器廃絶と平和をめざすたたかいをしていることを知リました。こうしたたたかいがあれば、日本は福島原発事故についてよりよい克服の方法を見つけることができると私は信じます。女性平和基金は、世界大会のような重要な議論の場によリ多くの草の根の活動家が参加する助けになっています。今回たくさんのことを学び、つながりをつくることができました。女性平和基金に感謝しています」

放射能汚染、国土の45%が基地に米軍再編と戦うグアムから

「グアムは1940年代から的年代にかけてアメリカが太平洋で核実験を行い、マーシャル諸島から飛んできた放射性物質を浴びました。国土の33%を占めている米軍基地による汚染被害も深刻です。2003~2007年の統計資料は、がんの発生率が18%増加し、チャモロ族の間に鼻咽頭や口腔などに珍しい種類のがんの発症が多発しています。チャモロ族のがんの発生率は異常に高いのですが、アメリ力政府の被爆補償法の対象になっていません」
「グアムは1898年以降、第二次世界大戦中の3年間を除いてずっとアメリカに占領され、チャモロ族は土地と権利を奪われてきましたが、米軍再編で国土の45%が基地になってしまいます。今回の海兵隊移転に関する日米合意について、グアムの代表者やチャモロ族にはなんの相談もなく、新しい射撃場の建設予定地は、チャモロ族の古代の神聖な村の遺跡があるところです。今、アメリ力国防総省を相手に訴訟をおこなっています」

グアムの軍拡に日本政府の投資に反対してください、カを合わせて戦いに勝利を!

「海兵隊の移転とグアムの基地増強の費用のうち日本政府は60%を負担、日本国民の税金約5000億円がつぎ込まれます。さらにアメリ力国防総省は最近、島の電気・廃水システムや廃水処理施設の改善のために日本政府が追加資金を支払うことを明らかにしました。日本の支払いは1OO億ドル(約8000億円)にのぼります」「日本の力強い女性たちと世界各地から参加した人たちからたくさんパワーをもらいました。世界大会にグアムの姉妹たちの抵抗の声を届ける機会を与えてくださった女性平和基金に、感謝しています。私たち女性は、命の文化を創る責任があります。子どもたちが安全で、有意義な生活を送るために必要な資源を持ち、白分たちのカを最大限発揮できる世界を創ることです。カを合わせて、軍事主義にたいするすべてのたたかいで勝利しましょう」