ジュディス・ルブランさんの発言

ピース・アクション
核兵器なくそう女性のつどい2013


投下された原爆は、私たちのすべての地域で爆発した

平和運動で活動している女性がつどうことは、より公正な世界をめざす世界の運動の真の心と魂がつどうことです。
2010年NPT再検討会議の際、国連への行進の出発集会が始まろうとしていたとき、私は、タイムズ・スクウェアを行き交うニューヨークの人々に、核兵器廃絶を求める署名を粘り強くうったえる新婦人のみなさんの様子を見ていました。
ひとときも手を止めることなく、核兵器による破壊からこの地球を救うために、いっしょうけんめい署名を集めている姿でした。
ベトナム戦争のとき、アメリカの公民権運動の指導者、マーティン・ルーサー・キング牧師は、言いました。「ベトナムで落とされている爆弾は、私たちの頭の上で爆発しているのだ」と。
キング牧師は、アメリカ政府がもたらしたベトナムの人々の痛みや苦しみが、アメリカ国内の私たちの地域と無関係ではないと言いたかったのです。
キング牧師は、ベトナム戦争は終わらせなければならない、アメリカの戦争と軍事主義は、両国の国民に等しく人間的、経済的被害を与えているからだということを教えていたのです。
国際法や国の主権より軍事主義のルールが優先される世界では、いかなる国の飢餓も気候変動による危機も、高齢者の問題も解決することはできません。
私たちの政府が無人機やオスプレイや巡航ミサイルを購入しなければならないと言うとき、それによって教育や、医療や公共の交通機関が犠牲にされるということを、私たちは知っています。 
私たちはそれぞれの国で、女性や労働組合や宗教団体、地域組織、若者や学生を結集する新しい平和運動を作り上げることに全力を挙げなければなりません。 
それは、今大量破壊兵器に無駄に使われている資源を、世界が直面しているもっとも緊急の問題を解決し、私たちの家族や地域社会が必要としているもののために使うようにすることをめざす、団結してたたかう運動です。
女性は正義をめざす世界の運動の心であり、魂です。2010年のタイムズ・スクウェアでの新婦人の女性たちのように、母なる地球を核兵器による破壊から救うために、私たちはひとときも無駄にはできないのです!

テレシータ・ロサレス・アバナさんの発言

非核フィリピン連合代表
核兵器なくそう女性のつどい2013


連帯のあいさつを送ります。日本のみなさん、海外の代表のみなさん、私が日本に来るのは初めてです。日本に来るのはずっと夢でしたが、それが実現するとは思っていませんでした。
その理由は私たちの暗い歴史にあります。第2次世界大戦中、フィリピンは日本に占領されました。私は、私の父やフリーダムファイター、自由のために戦う人たちが、「死の行進」をいかにして生き延びたか、そんな話を聞いて育ちました。何千人もの人たちが、若者が、飢えや日本軍による拷問で死にました。女性たちはレイプされ、「慰安婦」と呼ばれる性奴隷にされました。
私にとって戦争や核兵器についての真実はひとつです。人が死ぬということです。
だからこそ、広島と長崎で罪のない人々の命を奪った原爆の犠牲者のことを思うと、私の心は痛みます。アルバート・アインシュタインが、原爆ではなく貧困をなくすための方法を発明していたらよかったのにと思うのです。
日本に来るのは、私にとってとても困難な課題です。フィリピンの労働者、女性を代表してとしてみなさんの前に立ち、私は、みなさんとともに、この地球上から核兵器を廃絶するためにたたかうことをお伝えします。私たちは、人間として、尊厳と平和をかけて、男性によってもたらされる社会の破壊という脅威に対して、立ち向かっていかなければいけません。
女性がフィリピンの米軍基地撤去のために果たした役割を過小評価することはできません。私たちは毎日、アメリカ大使館の前で、クラーク空軍基地の前で、スービック海軍基地の前で、抗議行動を続けました。何千人もの政治・平和活動家が逮捕され、未だに行方不明になったままの人もいます。
強大でありあまる資金に支えられた米軍のプロパガンダに対し、人々の意識を高め組織するのは難しいことでした。貧困が組織上の障害になりました。基地の周りでは、主な産業のひとつが売買春なのです。こうした実態の中で、米軍が撤退すると仕事がなくなり国の経済が悪化するというプロパガンダに対抗するのは大変でした。
ですが、私たちは粘り強く基地の周辺の女性たちに働きかけと啓蒙を続けました。貧困から自由になり、売買春をなくし、女性やフィリピン国民に対する不平等な扱いや差別を終わらせる、今置かれている状況をかえたいと女性たち自身が叫ぶようになったのです。
そして1991年9月、フィリピンの上院は勇気ある歴史的な決定をしました。アメリカと結んでいた基地協定を更新しないと決め、米軍基地を撤去させました。
私たちはこれからもとりくみを強めていかなければなりません。国レベルで、地域レベルで、そして世界中で力を合わせましょう。そして、平和と核兵器廃絶を実現しましょう。私たちに必要なのは人と人の連帯です。社会の意識をたかめる努力を続けましょう。
日本の女性たち、世界中の女性たち、手を取り合って、核兵器を保有する国ぐにが、私たちを核の破局へと導こうとするのを阻止しましょう。No nukes!

ユリア・ピピグさんの発言

ドイツ科学者連盟/世界的責任のための技術者・
科学者国際ネットワーク(INES)執行委員
核兵器なくそう女性のつどい2013


こんばんは。ご招待に感謝します。私はこのたび、世界大会に参加し、そして今晩このつどいに参加できることを本当にうれしく思っています。日本は初めてです。私は今日ここに、世界的責任のための科学者技術者世界的ネットワークという団体・INESを代表して参加しています。INESは核兵器廃絶と、科学技術を平和と持続可能な発展のために活用することをめざして活動しています。
ご存じのように、今から10年後、ドイツからすべての原発がなくなります。
原発の段階的廃止は、とても大きな課題です。でも、それは可能であり、私たち市民がそれを進めていくのです。
原発への依存をやめて再生可能エネルギーに移行するというドイツの決断は、特別大きな意義をもっています。原発と核兵器は切り離すことができないものだからです。どちらも同じ技術とノウハウにもとづいています。どちらも事故や拡散、意図的な使用など、制御不能の核による大惨事を引き起こす危険があります。さらに、核の廃棄物とその処理の問題には、まだ解決方法がないのです。
私たち女性にとって、核兵器廃絶と原発からの脱却は、特別に重要です。これらの技術がもたらす健康へのリスクは、女性や子どもにより危険な影響を及ぼします。死の灰や放射能は、出生異常を増加させます。原発の近くに住む子どもたちは、白血病のような命にかかわる病気のリスクが高いのです。私たちの政府が原発や核兵器をつくり維持するために使っているお金は、国民や社会サービスのために使われるべきです。
核兵器という選択肢を持ち続けることによって、国際社会は古い家父長的な権力構造に縛り付けられています。私たち女性が、核兵器を廃絶して新しい形の協力と紛争解決を実現する、その先頭に立ちましょう。
これには、新しい生活スタイルと持続可能な消費も必要になります。この点でも、女性は中心的役割を果たします。子どもたちや将来の世代の教育に、主要な責任を負っているのは女性だからです。再生可能エネルギーは、地域社会に持続可能で、独立した、安全なエネルギーを供給します。気候変動に対応し環境を守る上でも、不可欠です。
ドイツの反核運動が原発からの脱却をかちとるまで、30年以上かかりました。声をあげて私たちが住みたいと思う世界、子どもたちに手渡したいと思う世界のありかたを決めるのは、市民として、女性としての私たちの権利です。力を合わせて、原発も核兵器もなくしましょう。
ノーモア・ヒロシマ!ノーモア・ナガサキ!ノーモア・フクシマ!ノーモア・ヒバクシャ!
ありがとうございました。