ヘイリー・コプリー・カニンガムさん

2016年  原水禁世界大会に参加
Haleigh Copley-Cunningham

ハレイ・コプリー・カニンガムさん

私は、ヘイリーといいます。マサチューセッツ州ボストンで、タフツ大学ピースアクション(TPA)の会長をしています。TPAは、学生活動家のグループで、より公正で平和なアメリカの外交政策をつくること、人権を推進し、戦争と核兵器をなくすことをめざしています。私は、アメリカで大きくなりつつある大学の平和運動の代表として、今ここにいます。みなさんへの激励となることを伝えたいと思います。それは、私たちの運動は、被爆者のお話を深く心に受け止め、核軍縮への直接行動を行なっているということです。

私は幼い頃から、父に他の人々のためになることをするようにと教えられて育ちました。地元のフードバンクでのボランティア活動に始まって、ガールスカウトなど地域の奉仕活動にも積極的に参加し、世界をより良い場所にすることが、私の人生の中心になりました。外国の言語や文化を学びたいという強い思いも、私がグローバルに考え国際的な協力や団結のために活動する力になっています。

私がピースアクションにかかわるようになったきっかけは、授業をさぼって、有名な言語学者であり活動家でもあるノーム・チョムスキーの講演を聞きに行ったことです。マサチューセッツ・ピースアクションが主催し、会場は私の大学でした。マサチューセッツ・ピースアクションは、核兵器をはじめ、平和を脅かしている問題に取り組んでいる団体です。チョムスキーの講演は、会場を埋め尽くした聴衆に対して、核による絶滅の現実の脅威を理解しその恐ろしさを実感させる、すばらしいものでした。その日の夜、私は、マサチューセッツ・ピースアクションのコール・ハリソンさんに会い、自分の大学にピースアクションをつくって自分がその先頭に立つことを約束しました。

核軍縮について、TPAは3つの戦略を持っています。まず、タフツ大学の学生や地元の人たちに、核の脅威について知らせ、核兵器が社会的に許されないものであるという意識を高めることです。TPAは、大学に被爆者を招いてお話ししていただきたいと考えています。2つめは、学生たちに力をつけて、署名やデモ、執筆やロビイングなど政治的な行動を始めることです。私は自分の体験から、ロビイングの力を実感しています。今年5月、私はマサチューセッツ・ピースアクションの一員としてワシントンに行き、ロビイングに参加しました。オバマ大統領が広島を訪問する2日前に、私たちは、大統領に核軍縮のための具体的措置をとることを求める数千人分の署名を、マサチューセッツ州選出のエド・マーキー上院議員に届けました。

翌日、私はその成果を目にしました。マーキー議員は上院で発言して、計画中の新型の核巡航ミサイルへの支出の停止を提案し、核軍縮をめざす動議を出したのです。

3つ目の戦略は、パックスの「爆弾に投資するなキャンペーン」にヒントを得ました。タフツ大学ピースアクションは、大学に対して、核兵器生産にかかわっている銀行、企業、金融機関への投資をやめるよう圧力をかけるキャンペーンを開始します。すでにケンブリッジ市議会が、数10億ドルに及ぶ市の年金基金による核兵器生産関連団体への投資引き揚げを全会一致で決議しており、私たちもこれに続く成果を収めたいと思っています。

先に述べたように、タフツ大学ピースアクションの取り組みは、アメリカにおける若い世代の平和運動の高まりを示すものです。歴史ある平和活動団体が、リーダーや活動家としての力をつけるための資材を学生たちに提供し、次世代の活動家を励まし育てることが、重要です。

世界大会に参加し、各国の人々と交流することができ、とても光栄です。私の言葉が、アメリカにおける核軍縮の未来への希望を伝えることができえれば、うれしいです。このような会議は、私たちの運動を強化する重要なツールです。平和運動は私たちがともに生きることができるか、あるいはともに死ぬのかにかかわっており、国境を越えて広がらなければなりません。発言の機会をくださり、ありがとうございました。

保存

保存